Home > スポンサー広告 > AquaSKKふたたび

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://fotosite.blog93.fc2.com/tb.php/758-eeed551f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from SHA_LOG ☆ FOTO_LOG

Home > スポンサー広告 > AquaSKKふたたび

Home > 未分類 > AquaSKKふたたび

AquaSKKふたたび

そろそろGF1用のズームレンズが欲しくなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。まあ645Dは冷静に考えれば考えるほど遠くに行ってしまいまして、やはり良い写真が良いカメラによって魅力が倍増することはあっても、ロクでもない写真がカメラで救われることはないわけでね、しばらくは羨しくもユーザーとなった方々の写真をゆっくり楽しまさせてもらうつもりです。

さて、今日は久しぶりにAquaSKKで日本語を入力しています。このAquaSKKが何者なのかは "SKK" をググッていただければわかると思いますが、要するに人間様がちょいとアシストしてやるだけで妙な誤変換が格段に減ってしまう入力方式です。以前はずっとこれを使っていたのですが、OS X対応のAquaSKKが出たあたりで若干動作が不安定になることがあり、使用を止めていました。最近そういえばSKKはどうなったかなあと探してみると、順調に育っていることがわかり、改めてインストールしたわけです。最初は使い方を忘れていたのでモタモタしましたが、1時間ほどで大分昔の感覚を思い出してきました。

SKKはその独特の入力方式により、誤変換の減少だけではなく、ひらがなやカタカナを「確定」させる必要が無いというメリットがあります。ひらがなを無理矢理難しい漢字に変換されてしまうこともありません。原理上、使用者が望まない変換は一切起こらないのです。ただし、シフトキーを頻繁に使いますので、少くとも無意識のうちにシフトキーと他のキーを同時に打てる程度のタイピング技術は必要です。もちろんホームポジションを基本とした正統的なタッチタイピングを身につけている方が望ましいですが。

SKKについてはネット上に色々情報が出ていますが、とりあえずどんなものかを知りたければ下記のサイトがわかりやすくてよろしいかと思います(AquaSKK用のサイトですが、SKKの雰囲気は十分に伝わるのではないかと)。

link : AquaSKK - 日本語を快適に

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://fotosite.blog93.fc2.com/tb.php/758-eeed551f
Listed below are links to weblogs that reference
AquaSKKふたたび from SHA_LOG ☆ FOTO_LOG

Home > 未分類 > AquaSKKふたたび

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。