Home > スポンサー広告 > ついに来るか645D

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

ダイタ URL 2010-02-13 (土) 18:33

マミヤの前例が有るだけに、どれほど需要があるかは微妙だけど久々にワクワクするカメラですねぇ

まぁ 貧乏なオイラは当然スルーしますがw

ちゅうか銀塩のハッセルに興味が少々...(汗

s.sawada URL 2010-02-13 (土) 19:42

このワクワクがね、下手なティザー広告でじわじわと薄まり、発表される頃は飽きたりするんですよね(笑

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://fotosite.blog93.fc2.com/tb.php/720-3bb4775f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from SHA_LOG ☆ FOTO_LOG

Home > スポンサー広告 > ついに来るか645D

Home > 写真周辺の話題 > ついに来るか645D

ついに来るか645D

(K10D + SIGMA 50mmF2.8 macro)

ティザーサイトなんてややこしいことしないで、アップルみたいに半分だけ正確な情報を小出しにリークしたらいいんだよ>ペンタックス

とはいっても根が真面目なペンタックスさんはこれで精一杯なんだろうけど、自社他社を問わず、ティザー広告で世間の反応を上手に誘導できたタメシがないからなあ。普通にやった方がいいと思うけどなあ。

ま、それはともかく、今年一番楽しみなカメラですから、出来栄えによっては本気で貯金をはたくつもりです。私みたいに機動力のない、風景ジジイ予備軍にはピッタリのカメラに違いありません。ただ、フィルムの頃は貯金をはたいて買ったカメラなんて一生モノだったんだろうけど、今はあっという間に陳腐化するからね。そこが心配。

それでも大きいレンズと大きい受光素子でゆったりと光を集める中判カメラは、ニコンもキヤノンも進出できない領域なわけで、このジャンルでは唯一無二のメジャープレーヤーであるペンタックスに期待する人は多いと思います(主にコスト面で)。価格に振るのか性能に振るのかはわかりませんが、いずれにしても中途半端は禁物でしょう。半年ほど後に良い知らせが届くよう期待しています。

スポンサーサイト

Comments:2

ダイタ URL 2010-02-13 (土) 18:33

マミヤの前例が有るだけに、どれほど需要があるかは微妙だけど久々にワクワクするカメラですねぇ

まぁ 貧乏なオイラは当然スルーしますがw

ちゅうか銀塩のハッセルに興味が少々...(汗

s.sawada URL 2010-02-13 (土) 19:42

このワクワクがね、下手なティザー広告でじわじわと薄まり、発表される頃は飽きたりするんですよね(笑

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://fotosite.blog93.fc2.com/tb.php/720-3bb4775f
Listed below are links to weblogs that reference
ついに来るか645D from SHA_LOG ☆ FOTO_LOG

Home > 写真周辺の話題 > ついに来るか645D

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。