Home > スポンサー広告 > F31fdちょっとだけ試写

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://fotosite.blog93.fc2.com/tb.php/201-0c376a14
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from SHA_LOG ☆ FOTO_LOG

Home > スポンサー広告 > F31fdちょっとだけ試写

Home > 写真 > F31fdちょっとだけ試写

F31fdちょっとだけ試写

あまり試し撮りってしないんだけどね。まずは測光。黒い紙袋の上にアップルパイのカスが乗った白いお皿。いや別にカスに意味はありません。上が分割測光で、下がスポット測光。露出補正なし。

03DSCF0057.jpg

03DSCF0056.jpg

分割測光ではどんなシーンを撮っても明るめ。多少白く飛んでも全体のバランスとしてはどう見てもこっちでしょ、とカメラが言っています(多分)。スポット測光は、まあアンタがそう撮りたいならやればぁ?、みたいな感じ。おそらくカメラの性格を考えれば、スポットと名は付いていても中央重点測光に近いんじゃないかと推測します。ということで撮影者の意図を尊重してくれるスポット測光モードを常用することにしました。要するに下の写真をレタッチすれば上に限りなく近づけるけど、逆は無理ってことです。

更にマクロはどうかな?

03DSCF0052.jpg

近くにあった新聞です。等倍に近い解像度で切り抜き。当たり前ですがちゃんと写っています。リコーには敵わんけど、まあ及第点。

最後はお得意の高感度をIXY900ISと比べてみました。上がF31fd、下が900IS。設定感度はISO1600。ちょっとモノクロチックな被写体なので、感度比べには向いてないかも(後で気が付きました)。

03DSCF0060.jpg
0IMG_0324.jpg

どうでしょうね。私は(この被写体に限れば)大差ないと思いました。等倍で見るとディテールの残り方などに結構な差がありますが、以前のように一目見ただけで歴然とした差を感じることは無くなりました。他社も眠っているわけじゃないということでしょうか。広角28ミリという武器もあることですし、900ISにもまだまだ頑張ってもらいます。ちなみにシャッタースピードはF31fdが1/52秒、900ISが1/60秒。

ちなみにK10DのISO1600。

0IMGP3401.jpg

シグマの50ミリマクロ。F3.5まで絞りましたが、それでも被写界深度ってこういうもんでっせ、と言いたげにピントの来た部分が一本のベルトとなって画面を横切っています。上手な人は、このベルト(実際はピントの合う平面、というよりは曲面、というよりはジャスピン曲面の前後にピントの合う範囲を厚みとして持った空間の一部)に主役の被写体を乗せ、かつ良い光が良い角度から入るようアングルや絞りを工夫して撮るわけです。私らにも偶然マクロの達人に近い写真を撮れることはあるけれど、近いといってもその先には大きな距離があるわけですね。いや話がそれました。コンパクトデジカメはそこまでデリケートな計算をしなくても、そこそこ綺麗にピントが合います。だからといって「簡単に撮れる=ロクなもんが撮れない」わけじゃあなくて、まあ結局は過程じゃなくて結果が勝負と。でも過程を大切にしないと次に同じような結果は得られないかも、ということでしょうか。K10Dに話を戻しますと、高感度画質そのものは、まあコンパクトデジタルに大差を付けられて大恥、というのは免れたかなという感じでしょうか。でも風景なんかを撮ると結構ノイズが目立つカメラです(いい感じに荒れるけど)。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://fotosite.blog93.fc2.com/tb.php/201-0c376a14
Listed below are links to weblogs that reference
F31fdちょっとだけ試写 from SHA_LOG ☆ FOTO_LOG

Home > 写真 > F31fdちょっとだけ試写

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。