Home > 2010年07月04日

2010年07月04日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

その昔「うにょ!」というHyperCardスタックがあってだな…

僕が喜び勇んで買ったiPadで何をやっているかというと、まあ8割方はゲームだ。残り1割が面白いアプリ探しで、最後の1割がWebブラウズや検索などのネット絡み、それと青空文庫などの読書。起動の待ち時間が少ないので、Macが起動していない時などの調べ物にはやはり重宝している。ダウンロードしたアプリは多種多様だけど、実際使っているのはほとんどゲームということで、典型的な無駄遣いユーザーだと思う。また自分でも意外だったけど、外にはほとんど持ち出していない。それでモバイルWiFi環境を整えてペイするものかどうか、今はちょっと迷っている。

ちなみにお気に入りのゲームは「Pinball HD」と「Mirror's Edge」、そして昨日ダウンロードした「i大富豪 HD」。特に「i大富豪 HD」はややこしい操作がいらない上にほとんど運まかせなので暇つぶしには最適。確かにiPadらしからぬ、90年代256色の頃を思わせる(良く言えば)クラシカルなデザインなんだけど、まあヌルヌル動く大富豪なんてのもなんか立ち食いのフランス料理みたいで気色わるいし、これでいいんじゃないかと思う。

そういえば昔HyperCardで「うにょ!」というUNO風の名作ゲームがあったけど、あれもiPadで復活しないかなあ。なんとも脱力系の効果音とか、楽しかったなあ(今「うにょ」でググってみたら、あの小寺信良さんが作者だったと知ってびっくり)。

ところでテレビの世界もオンデマンドだ配信だと色々騒がしくなってきて、まあお金やインフラの問題ですぐ全国に普及するかどうかは別としても、いつでもどこでも望みの番組を見られるという方向に向かっているんだろうと感じる今日この頃。

テレビ局の都合で決められた番組表から解放されるという意味では、それは確かにユーザーのニーズに沿った進歩といえるのだろうけど、本当にそれが「良いこと」なのかどうかはわからない。自分から能動的に情報(娯楽含む)を集める手段が充実するのは結構だが、何とはなく垂れ流していたテレビから面白い情報が突然入ってくることもあるし、やっぱり「おまかせ」状態も必要なんだろうと思う。

ということで、暇な時間をどんどん潰してくれるiPadは、自分にとって良いものなのか悪いものなのか今の時点では判断できないのかなと。いや任天堂DSでも同じことなんだけどね、iPadはもうちょっと広い範囲で使えちゃうから、少しだけ影響が大きいかもしれない。

Home > 2010年07月04日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。