Home > 2010年06月09日

2010年06月09日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

iPadは楽しいけれどまどろっこしいこともある

いきなりで恐縮ですが、iPadのSafariは使いにくいです。確かにiPhone(ちなみにここで言う "iPhone" とは3GS以前のiPhoneを指します)に比べると表示領域も一気に広がったし、グンと使いやすくなったんだろうと思います。けれどこれだけ表示領域が広がったら当然Mac/PCのSafariと比べますよね普通。そうなると、タブが使えないとかそういうことはともかく、ブックマークの操作からページを閉じる操作まで、すべてにひと手間ふた手間余計にかかってイライラするんですよ。

特にページを閉じる時なんかは、どうしていちいちサムネイルのずらずら並んだ画面に行って、なおかつ×ボタンをタップせにゃならんのかと。メイン画面の右上にでも×ボタンを置いとけばいいだけなのにねー。ぷにゅぷにゅ動けばいいってもんじゃないぞSafariこら。

blog掲載用

ただまあ、今のUIだとタブが無いので、例えば1枚しかページを開いていない時に×ボタン押したらどうすべぇとか、その時は×ボタン消せばいいといっても、あまりヒョコヒョコ上部が変化するのも美しくないなあとか、そういう問題が出るのかもしれませんね。Mac/PCならそんなことにも対応できない奴は使うなと言いたいところですが、iPadの本当のターゲットは多分私らみたいなのじゃなさそうですし。

だからSafariはこのままでいいとして、ユーザーの本音としてはやっぱりFirefoxやら何やら選択肢がもっと欲しいよね。

ちなみにもっと無理を言うと、私はMac/PCで言うところの「右クリック」が欲しいです。これは何か特別な指遣いをしたらJW-CADのクロックメニューみたいなのが出てくるような仕組みで実装してくれたら嬉しいんですが、まあそこらへんを節操なくやっちゃうとiPadの目指す方向がブレる危険性があるので、多分無理だろうなと思っています。

まあ何度も言っているけど、基本的には何でもアリなAndroid系という選択肢もあるわけで、そういう製品に各社が開発費をブチ込める雰囲気を醸成してしまったAppleという会社はやっぱり凄いなあと。そしてその最初の製品に触れることのできた幸せにも感謝しつつ、Google様が変なところに迷走しない限り数年後の機種選びは相当迷いそうだなあという予感がする今日このごろです。

ところでパソコンはもちろん、テレビの録画機能もロクに扱えないウチの母ですが、とりあえずiPadの起動方法と終了方法(正確にはスリープ状態にする方法)を教えたところ、時おりピアノのアプリなどを起ち上げて遊んでいるようです(帰るとバッテリーが結構減っていることがある)。どこをどう触っても壊れないから大丈夫、困ったらとにかく下のボタンを押せと言ってあるので、大切なモノを壊してしまうかもしれないという恐怖感からは開放されている模様。あれ、なんかWeb界隈を散歩した足跡もあるぞ…

Home > 2010年06月09日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。