Home > 2010年05月28日

2010年05月28日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

iPad来たよ~

春らんまん

iPad来ました。

いや~、ごめんね。そんな感動とか発見とか、大げさなことは何にも無かったですわ。そもそも事前情報がわんさかあったもんで、それをいちいち追体験して、ああなるほどねという感じのファーストタッチでした。

例えばSafariでWebサイトを見て回るなら、指でペタペタやるよりもMacでショートカットキーやマウスを駆使して見る方が段違いに効率がいいです。ただし周囲にMacが無い場合や、ちょっとした時間に調べものをしたい時には確かに便利。書き物にしても同じで、Macが目の前で起動しているならそっちを使う方が遥かに早くて効率がいい。けれどちょっとした時間に何か書きとめたいときにはやっぱり便利。

つまりMacやPCの代用品として使う限りにおいて、iPadのメリットは「機動性」だけです。いつでもどこでも、やりたい時にやりたいことがすぐできるという一点のみが秀でており、あとはそれなり。まあその一点こそが、今までネットブックでも不可能だったことなんですけどね。

ただ、iPad専用にデザインされたアプリを使うと、さすがにこれは楽しいです。それと圧倒的なわかりやすさ。いや私たちのようにMac(PC)を手足のように扱うことに慣れた人間には若干戸惑うこともありますが、横でおそるおそる見ていた(PCはおろか、テレビの録画予約ですらなかなか覚えきれない)母(70歳台後半)が、いきなり指を伸ばしてひょいひょいと操作し始めたときにはちょっと驚きました。iPadには「何か楽しそう」という雰囲気があるんでしょうね。せめて五十音順のカナ入力モードがあれば、国語辞典やら何やら母の好きそうなものをダウンロードするんですが。

ということで結論としては、やはりこいつは現時点で最強の「暇つぶしマシン」だなと。ただしMacやPCに慣れた人を対象とした場合は、もう少し別の解がありそうな気もします。要するにもうちょっと深くまで潜りたい人には物足りないだろうなということ(世の中うまくしたもので、ここらへんはAndroid系端末がカバーするでしょう)。

まあ発売日に買っておきながら何ですが、待てる人は色々な端末が出揃うまで待った方がいいと思います。iPadは別に、誰よりも先に使い始めることがアドバンテージになる性格のモノじゃないですし、最近のスマートフォンを見る限りでは、Android OSも1年あれば熟成期間として十分以上でしょう。私もこの手の端末が安くなってくれば、毛色の違うものを2台持ち、3台持ちするのもアリだなあと考えています(リスク分散にもなるしw)

Home > 2010年05月28日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。