Home > 2010年04月

2010年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

また雪がふりました

今朝はこの時期に有り得ないような大量の雪。いや街はきれいで写真的には素敵だったけど、農業地帯としては困ったお天気です。

ところでAT&TのiPad 3Gプランは、初期費用不要の30日契約というシンプルなもので、簡単に契約・解約が可能なんだとか。ということは、SIMを差していない場合は3G機能のみキャンセルになって、WifiやGPS、その他iPadの各機能はそのまま使えるということでしょうね。そうじゃないと簡単に解約した後で使い物にならなくなっちゃうし。

日本ではどのようなプランになるのかわからないけれど、最悪でもGPSにちょっとお金がかかりすぎちゃったiPadとしては使えるわけですから、そうなると最初からGPSモデルを予約するのもアリかなと思います。

ただひとつだけ心配なのは、液晶パネルの品質。恐らく生産メーカーによって品質が変わるようなことはないだろうけど、アメリカで絶賛中のパネルに比べて2次生産分はちょっと残念なことになりましたとか、そういうのは勘弁してほしいな。いやアップルだからわからんけどw

甲府 4-1 札幌

もうね、攻撃なんかやめて上里にミドル&ロングシュートばかり撃たせておいた方が効率いいんじゃね? という試合でした、ちゃんちゃん。

パスワークで崩すでもない、かっちり守って速い攻撃に賭けるでもない、中途半端な状態ですね。今いる選手たちのレベルを考えれば、一発頼みの現実的なサッカーをやれば間違いなく勝ち点は増えるんでしょうが、それじゃあ先が無いということで若干背伸びしたサッカーをやっているんでしょうね。でもそれなら、1年2年では上がれなくとも大丈夫なように財政基盤をしっかり作らないと。このままだと来年は一切補強なし、しかも現有戦力の一部放出も考えなきゃならない状況になると思うなあ。甲府戦ということで見れば、前節の東京Vの方がずっと躍動感のあるサッカーをしていました。

春を待ちつつ、本を1冊購入したり

まったくよ~、桜の前にコスモスが咲くんじゃないかという感じの今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。まあ北海道はちょっと遅めの春というところですが、本州は例年より相当寒いようですね。長期予報も良くないし、道産米のスーパーエース「ゆめぴりか」も2年続けての不作ということにならなきゃいいけどなあ。親は相変わらず「コシヒカリ」あたりを信奉してるんだけど、私が米を買ってくるときはこっそり道産米を買ってきて米櫃(古い言い方だ ^^;)に突っ込んでおくんだよね。それでも全然わからないみたい。うー、今年こそは「ゆめぴりか」を食いたいな。

それと、お買い物をひとつ→「プログラミングGauche: Kahuaプロジェクト著, 川合 史朗監修

以前Schemeを少し齧ったことがあったんですが、もう一度きっちり勉強してみようかと思いまして。とはいっても私はプログラマーでも何でもないですから実用的なことを期待しているわけではなくて、かつてHyperTalkで味わったあの楽しみをこれから老後にかけてもう一度、というかなり線香臭い理由ですw

ま、学んだ先に何を得られるかとか、そういう余計なことを考えず知恵の輪的な楽しみが欲しいなら、Schemeが一番適役かなあと。今まで色々カジッた中で、楽しかったと言えるのはHyperCardとScheme(Gauche)だけだったしね。ああ、HyperCard復活しねーかなぁ。

SnowLeopardインストール

SnowLeopardが到着したのでさっそく上書きインストールしました。Leopardとの違いは、表面上はほとんど何もありません。アップルの主張をそのまま信じるとすれば、彼等は建物の外見をそのままにしながら木造から鉄骨へ変えてしまう程の大リフォーム工事をしたわけで、それが本当だとすれば(←しつこい)、何の支障もなく使えている今の状況がなんとも頼もしく思えてこないわけでもありません。まっ、次に何が出てくるかで、今回のアップデートの真価が判断できるわけですね。

そういえばダイソンの羽根なし扇風機もそろそろ発売が近いようですが、日本メーカーはまた言うのかね、「原理的に目新しいものは何もない」とか(もう言ってる?)。

デジカメなんかもそうだけど、我が同胞メーカーは技術がリニアに発展中の時は無類の強さを発揮するんだよね。言い方を変えれば、根性で何とかなるうちは勝負できる。そろそろ滝から落っこちる時期が近づいているんじゃないかなあと軽く危機感が…

AquaSKKふたたび

そろそろGF1用のズームレンズが欲しくなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。まあ645Dは冷静に考えれば考えるほど遠くに行ってしまいまして、やはり良い写真が良いカメラによって魅力が倍増することはあっても、ロクでもない写真がカメラで救われることはないわけでね、しばらくは羨しくもユーザーとなった方々の写真をゆっくり楽しまさせてもらうつもりです。

さて、今日は久しぶりにAquaSKKで日本語を入力しています。このAquaSKKが何者なのかは "SKK" をググッていただければわかると思いますが、要するに人間様がちょいとアシストしてやるだけで妙な誤変換が格段に減ってしまう入力方式です。以前はずっとこれを使っていたのですが、OS X対応のAquaSKKが出たあたりで若干動作が不安定になることがあり、使用を止めていました。最近そういえばSKKはどうなったかなあと探してみると、順調に育っていることがわかり、改めてインストールしたわけです。最初は使い方を忘れていたのでモタモタしましたが、1時間ほどで大分昔の感覚を思い出してきました。

SKKはその独特の入力方式により、誤変換の減少だけではなく、ひらがなやカタカナを「確定」させる必要が無いというメリットがあります。ひらがなを無理矢理難しい漢字に変換されてしまうこともありません。原理上、使用者が望まない変換は一切起こらないのです。ただし、シフトキーを頻繁に使いますので、少くとも無意識のうちにシフトキーと他のキーを同時に打てる程度のタイピング技術は必要です。もちろんホームポジションを基本とした正統的なタッチタイピングを身につけている方が望ましいですが。

SKKについてはネット上に色々情報が出ていますが、とりあえずどんなものかを知りたければ下記のサイトがわかりやすくてよろしいかと思います(AquaSKK用のサイトですが、SKKの雰囲気は十分に伝わるのではないかと)。

link : AquaSKK - 日本語を快適に

SnouLeopard導入っ(半年遅いぞ)

チューリップ

(2006年5月の写真です。こちらの現況はまだ一面枯れ草色。しかも風邪ひきで外出自粛中)

遅ればせながら、アップルストアでSnowLeopardをポチっと。これから無線LAN環境も整えるし、PhotoshopをCS5にアップデートする可能性も高いし、すんなり事が進むにしても何か起きるにしても、OSを最新の環境にしておいた方が無難だろうなと。

Photoshopに関しては価格が高いこともあって、今まではアップデート有効期限ぎりぎりの3世代分まで引っ張っていましたが、今回のアップデートはかなり気合いが入っているようで、ちょっと試してみたい機能が山盛り。これは多分2万なにがしの価値はあるだろうと思われます。ついでにモニタも憧れのナナオ製品を、という気持ちもあるのですが、ちょっとカメラ系にしろiPadにしろお金のかかることが多いので、引っ張れるものはもう少し引っ張ります。645Dを今回は諦めることに決めたら、その分をディスプレイに回す予定です。

無線LANルータ買ったよ~、だけど…

無線LANルーター買いました。NECのWR8700Nです。AirMacとどっちにしようか迷いましたが、やはり性能と信頼性ではNECに軍配が上がるようですし、AirMac系は発熱が大きいという話もよく聞きますので、WR8700Nに決めました。ただ納期が1ヶ月近いんですよね。注文を確定してから気づいてこりゃ参ったなあと思っていたら、iPadも発売が5月末まで延期だって(予約はしないから私が手にするのはもっと遅れるでしょう、3Gはいつになることやら)。ま、世の中うまくできているよね。その頃にはまたNew iPhoneと迷ったりして(余程の革新(電池が5倍持つようになるとかw)が無い限り大丈夫だと思いますが)。

それより問題は、どうせ一括発送だからと小物(コンセントタップ)も一緒に買ったんですよね。で、これだけ納期が違うとそいつだけ先に発送されるわけで、近くの電気屋でひょいひょい買えるものが宅急便に乗ってやってくるという、エコじゃない結末に。それなら一緒にSnowLeopardも買えば良かった(別に支障ないので、いまだにバージョンアップしてません)。

Photoshop CS5

今度のPhotoshop CS5にはレンズ補正機能が加わるようで、特にシグマ製品に関してはメーカー自ら提供した補正データが使われるようです。シグマって不器用なメーカーだけど、こういうところ好きだな。

CameraRawはバージョンごとに進歩しているし、アップグレードする価値はあるんだろうけど、まあCS6まで待ってみてもいいかな。HDR機能がどのくらい良くなったのか、ちょっと楽しみです。

札幌 1-1 柏

気球

後半終了間際に追いつかれてしまうのはいつもと同じですが、今日の試合は引き分けで十分。現時点では明らかに力の差があったし(もちろん柏の方が上)、その中で選手たちが今できる全てを出してこの結果。欲を言えばキリがないけど、まあ納得できるゲームでした。

ただ、前を向いて勝負できる内村をロスタイムまでベンチに置いたのは何か事情があったのかな。藤田がかなり削られて辛そうだったので、古田→ハンジェは納得できるにしても、もう1枚のカードも早めにきって欲しかったです。次に当たる時には、引き分けでは納得できない程度にはチームが成長してほしいところ。

次節はお休みなので、ゆっくり体を休めながらトレーニングしてください。それにしても、今日のゴールは両チームとも素晴らしいシュートでした。

アップルの子供っぷりが心配です

link : 【レポート】Apple、「iPhone OS 4 SDK」規約変更 - Flash CS5/MonoTouch排除へ (1) 開発言語をObjective-C/C/C++またはJavaScriptに指定 | パソコン | マイコミジャーナル

うわっ、これはかなり痛いなあ。いや、Flashなんてどうでもいいんですよ。Flashが見られないということは、うざったいWebページを自動的にフィルタリングしてくれるということで、私にはかえって有り難いくらい。ただ、FlashからiPhoneOS用のアプリに変換する行為まで締め出しちゃうってのはなあ。それに開発環境までベンダーが規制するって、思想的にはかなり危険な領域に入っていると思います。ま、言っちゃあなんだけど子供じみた対応だよね。

確かにアップルの魅力的なコンテンツ(ハードウェア含む)は、一人のやや独善的な天才によってもたらされたものには違いありません。しかし、このようなガキの嫌がらせレベルの行為がまかり通ってしまうのを見ると、ジョブスもたいがいヤキが回ってきたんじゃないかと感じるとともに、いったい社内の意思決定プロセスはどうなっているのかと。で、本当に彼が壊れかけてきた時に、彼を引きずり下ろしてなおかつ未来へとアップルを導くことのできる人材が社内にいるのかと、まあ普通の会社なら心配しないようなことまで気にかかるわけです。

でもiPadは買うけどね。とりあえず現時点で手にできる最高のタブレット型デバイスを経験しておきたいし、たとえアップルがコケたり変な方向に行ったとしても、今は多少の我慢をすれば次善の策がある時代ですから。タッチ式UIの種は既にアップルが播いたからね、育てる分にはGoogleだってMSだって何とかやれるでしょ、きっと(汚く育つ恐れはあるけれどw)。

iPadの前にケータイを…

(GF1のRAWを擬似HDR化。好きな感じの色合いなんだけど、結局Photomatix Pro様の手のひらで遊ばされているような気も…)

iPadの無線LAN接続が不安定だと一部で騒がれているようです。3Gの掴みはどうなのかとか、いろいろ知りたいことがあるので、やっぱり日本で発売されてもう少し情報が増えてこないと何とも判断つかないですね。多分大丈夫なんだろうけど、ま、ある程度のことがわかってから購入するつもりです。

それとNM706iが調子悪い件ですが、いまだ症状(バッテリー残量表示がいつまでも満タン)が改善されません。買い換えようにもドコモにはロクなモデルが無いことは昨日書きましたが、かといってソフトバンクの電波に身を投げるわけにもいかないので、残るはauだけとなります。auもスマートフォンでは迷走気味だけど、普通に電話として使うには結構いい感じのモデルが揃っていて、iwayanさんも買ったらしいlottaが特に素敵。MNP番号取って、週末にでもauショップに覗きに行こうと思います。

(4/8追記)電池を1回抜いて入れ直したら正常に戻りましたw でもまたいつなるかわからないけど。

携帯が不調に…

昨日あたりから、NM706iの電池残量マークが満タンから下がらなくなりました。そのほかには何も異常なく使えるんだけど、どのくらい電池が減っているのかわからないのはかなり不便です。リセットしたり再起動してもダメ。ちなみにNM706iは電池の持ち自体はそれほど良いわけじゃありませんが、残量が7段階と細かく分かれていて、しかも2,3本まで減っても普通に使えば1日は持ちます。もう1台会社から与えられている国産機は、1本まで来たらもう1通話できるかできないかで切れてしまうので、それに比べれば電池マネジメントはずっと楽です。

しかしまあ、Xperiaやーめた、と言った直後にこれだもんね。しかもドコモのガラケーラインナップにはもはやNM706のように小粋でシンプルな携帯はありません。auやソフトバンクにはそれなりにいい感じのモデルがあるんだけど、今さらキャリアを変えるのも面倒臭いなあ。ま、残量が分からなくても今までの経験上、普通に使っていれば3日~4日に1回の充電サイクルで大丈夫なはずなので、使えないことはないんですけどね。次の休日あたりにショップで色々見てみよっかな。実際手にとると意外と馴染むモデルもあるかもしれないし。

ちなみにこの際Xperiaを買うという選択肢もあるんですけどね、一旦やめたものを買うってのも色々後で後悔しそうな気がして。スマートフォンは自分に合わなければただの電池大食い電話になっちゃうから。

久しぶりに早起きしました

決算期なので休日ですがお昼まで事務仕事をしてきました。どうせ仕事に行くのならと、ちょい早起きして(久しぶりに)写真も撮ってきました。連れて行ったのはGF1だけですが。

河川敷で撮っている時に熱気球が飛んできて、乗っている人の顔が判別できるくらいに高度を下げて「おはようございま~す」と言ってくれました。さすがに近くで見ると大迫力です。写真も撮ったけど、ブレたのでボツ。

午後からはサッカーを見なければならないので昼前に仕事を切り上げて、1時からはスカパー観戦です。いやぁ、ひでー試合だった(岐阜 3-0 札幌)。大体においてコンサドーレ札幌というチームは、失った流れを自力で取り戻すということが昔から苦手なんだよね。諦めが早いのか、妙にビハインドを意識しすぎるのかわからないけれど、監督が変わっても選手が入れ替わってもこの伝統は引き継がれています。北海道の空気を吸うとそうなるのかね(そんなワケないw)。ただ、この「流れを取り戻せない」という悪癖は1試合の中だけじゃなくシーズンを通した場合にも生きていて、今までの昇格はいつもブッチギリの首位昇格。途中から盛り返したことはありません(それも昇格争いまでも辿り着けない)。今年もなんかいやな予感がするので、早めに浮上しておいてくれないかな。

Xperiaは見送ることにしました

Xperia が発売される直前に HTC Desire が発表されましたが、結局スマートフォンにおけるドコモとソフトバンクの関係は、ずっとこんな感じで進むんだろうなあと思いました。競っているようでいて、実は片方(どちらかはすぐわかりますね)は周回遅れ。SIMロックフリーの時代が来れば土管としては優秀なドコモにも勝ち目が出てくるんでしょうが、自らが考え、自らがプロデュースする存在として見た場合、やはり両者の差は埋め難いんじゃないかな。あと、auについてはちょっとよくわかりません。

で、Xperia発売を横目で見つつ出した結論としては、とりあえず携帯はそのままノキアを使い続け、今回は iPadを買うということになりました(Wifiか3Gかは未定)。まあiPadを楽しくいじりまわしているうちには次期 iPhoneも発表されるだろうし、ネット上の評判を見聞きする限りでは、Xperiaは現行iPhoneと比べてさえ微妙な評価に落ち着いていて、これじゃあ次期 iPhoneとはハナから勝負にならないだろうと思われますし。

デジタルものは欲しい時が買い時と言いますけどね、6ヶ月後には明らかに後悔すると決まっているものを買うほど私はお金持ちではありません。

それと電話機能を抜きに考えてiPadとスマートフォンを比べれば、大画面と10時間持つバッテリーは暇つぶしツールとして魅力的です(正味それくらいの時間使えるというレポートも見かけますし)。できるかどうかはわからないけれど、例のWifi付きSDカードをコンデジに差しておけば、車に転がしておいた本体のGPSと併用で撮影現場の記録にも使えるんじゃないかという期待もあります。もしかすると iPadを使っているうちにスマートフォンへの興味が失せてしまう可能性もあるかも。

Home > 2010年04月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。