Home > 2010年03月10日

2010年03月10日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

PENTAX 645D

よくやった、よく出してくれたペンタックス。売れるかどうかわからないし、どう評価されるかもわからないけれど、とにかく今は「よくやった」という言葉しか思い浮かびません。

といいつつ色々書くわけですがw

まずお値段(本体で80万程度)ですが、予想の範疇とはいえかなり安く出してきました。標準レンズを含めても100万円を切るレベル。ただし絶対的には高価なカメラであることに違いはなく、物凄い作例を見せつけられた後で馬券でも当たって一気に気が緩むくらいのことがなければ買うことは無いと思います。以前フェーズワンの凄い作例を見ましたが、あれに近い画質ならば相当悩む可能性もあります。でも買えないかなあ、さすがに。まあ100万といっても、デジタル一眼レフを年に1台以上のペースで買っている人も結構いますし、そういう人たちのレンズへの投資額などを考えればそれほどの値段じゃないんですけどね。クルマと違って初期費用以外は微々たるものですし(巨大なRAWデータをMac miniで扱いきれるのかという問題はあるかもしれません)。

CCDを採用していることもあって動画やライブビューには対応していませんが、そんなもの必要ありませんとでも言えばいいのに、転送速度の問題で出来ませんでしたとアッサリ認めるのがペンタックスの良いところ。そうだね、動画はともかくライブビューはいつか実現してほしい機能です。

ただ、デジタル水準器機能やダスドリムーバブルなど、できることはきっちり入れてきたのは偉いと思います。あとローパスフィルターが無いというのも注目点。風景に限れば解像感の点でメリットが大きく、モアレや偽色などのデメリットはほとんど出てこないんじゃないかな。ここまでこればペンタックスさん、シャレでカラーフィルターも除いたモノクロ専用正味4000万画素モデルなんてどうですかね(流石に採算合わないな)。

Home > 2010年03月10日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。