Home > 2010年02月01日

2010年02月01日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

カメラバッグ買いました(最近買い物ばっか)

(K10D + DA50-200m , HDR処理)

今日は風邪でお休み。暇だからというわけではないですが、Amazonでカメラバッグ(ロープロ コンプトレッカー AW)を買いました。

今まで使っていたハクバのバッグにさして不満はなかったのですが、最初からずっとこれなのでそろそろ新調しようかなと思いまして。ただ、このバッグは上部がガマ口のようにパコッと開いて機材が取り出しやすかったので、購入にあたってはまず取り出しやすさと安定性を最優先し(いっぱい収納できても2段式とか、取り出し口が上に向いて自立しないとか、あと色々ややこしいのはダメ)、次に雪や氷に囲まれて使っても大丈夫なように防水性を考慮しました。となるとロープロが候補に上がるのは必然で、あとはどのタイプを選ぶか以外にあまり迷う余地はなくコンプトレッカーAWに決定。リュックタイプにしたのは、歩く時にあまりモゾモゾ動いて欲しくないのと、両手がフリーになること、それと今まで使ったことがないタイプを使いたいという好奇心です。

写真等を見たところ、少なくともK10Dと関連機材だけでは大幅にスペースが余るのは確実で、GF1関連の機材とDP1、下手すると銀塩関連までひとつに収まってしまいそうです(いや、そんなにいっぱい持って行ってもどうにもなりませんが)

ついでに防寒着とかも検索してみましたが、ダイワの釣り用ウェアの最高級品が凄くいい感じなんですが、げっ、定価で10万超えだぁ、高い。今は作業着等の専門店で買った冬用防寒着を着ていて、これは確か1万円もしなかった記憶があります。まあ見た目がまんま作業員さんだけど、軽くて零下20度程度でも温かいです(もちろん下も防寒ウェアですよ)。ただし首すじとかをデリケートに包み込んでくれる機能はありませんし、フードも無骨。長靴もインナー付きのをつかっていますが、これは見た目ほど温かくないかな。それでも数時間氷の上に立っても足がかじかむことはありません。手袋だけはね、立派なやつじゃなくてただの薄い毛糸の手袋。指が外せるやつとか色々使ってはみたけれど、手は普段ポケットに突っ込めば十分温かいし、直接外気にさえ触れなければこれで十分。帽子も毛糸のスキー帽で十分(風はフードで防げるから)。

ちなみにカメラは今まで防寒対策をしたことがありません。多少液晶のレスポンスが鈍くなったりするだけで、コンパクト/一眼含めて今までに動かなくなったことが無いもので。まあ私の場合は三脚に据えたままずっと何かを待つという撮り方はしないですけどね。あ、でもGF1は零下10度の中で20分以上黙々と動画を記録しながら、その後も結構使っているのにまだ電池マークが1つも減っていません。なかなか頼れそうなやつです。

Home > 2010年02月01日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。