Home > 2010年01月18日

2010年01月18日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

2010年は動画でいこか

川面を霧や氷などが流れる様を見ていると、静止画(写真)もいいけれど動画で撮ったらもっとこの場の雰囲気を伝えられるだろうなあと思うことがよくあります。ちょっと前まではその雰囲気を静止画で表現することこそが写真の醍醐味だなんて考えていましたが、まあプロじゃないんだしそこまで肩肘張る必要もなかべえと(技術もないし)。

静止画向きに見えるこの霧氷だって、徐々に気温が高くなりハラハラと白い氷が舞い落ちる様は動画で撮りたいところ。もちろん舞い落ちる霧氷を太陽の光と絡めて露出をガキーンと切り詰めれば、それはそれで美しい写真になりますが、そういう作った美しさとは違う自然な美しさというのを表現するには、動画という選択肢も十分ありだなあと。

で、ちょっと前からデジタルビデオカメラなどをちらちらと情報収集しています。画質も十分なレベルに達したみたいだなあと感じていたんですが、更にソニーから広角/SDカード対応のハンディカム「HDR-CX550V」が出たことでなお物欲が高まっています。発売時期からみて今年の冬景色には間に合わないだろうけど、もしかすると来年はデジタルビデオ抱えて千代田堰堤の橋の上に立っているかもしれませんからお楽しみに。まあGH1(かその後継機)という手もないではないけれど、ブレ補正含めて、どうせなら専用機の方がいいんじゃないかなあと。

内容とは関係ないけど、上の写真をモノクロにしてみたらちょっといい雰囲気でした(↓)

Home > 2010年01月18日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。