Home > 2010年01月04日

2010年01月04日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

明日は撮りに行かないぞ(わからんけど)

私の職場は仕事始めが6日なのですが、元旦は建物の管理業務で出勤、そして今日は除雪で夜明け前から出勤です(職場の取り決めで正月三ヶ日は除雪しないので、年末に降った雪を今日除雪しました)。明日は最後のお休みなので写真でも撮りに行きたいところですが、また大雪の予報が出ているので、体をゆっくり休める方を優先しようと思います。

上の画像は、ちょっと強めのレタッチをしています。まあ昔ながらのフォトコンテストでは「応募不可」となるくらい、と言えばわかりやすいかな。元画像にガウスぼかしをかけて明度を上げた画像を重ね、Photoshopの「ハードライト」でブレンドしています。元画像がかなり線のくどい写真になったので、霧氷独特の軽さ、儚さを演出したいという狙いですが、さて。

今年はツァイスで行こか

レンズなんて安いので十分とことあるごとに主張している私ですが、単焦点のカール・ツァイスだけには弱いんですよ。過去にCONTAX G2、そしてBessa R3Aで体験したツァイスレンズの、モノとしての密度感、そしてカチッ、カチッと決まる絞りリングや絶妙の感触を誇るピントリング(Gレンズには無いけどね)。レンズを正面から覗いた時の官能的ともいえるような美しい映り込み。言っちゃあなんだけどレンズの良し悪しなんてわからんのですよ私は。だけどツァイスのレンズを触っていると気分が高揚するんだよね。だから結果として撮れた写真もそこそこいい感じ。ま、CONTAX T2の写りが良いのは散々体験済みなので、やっぱり描写もいいことはいいんだろうな、きっと。

ただ、ツァイスのZKマウントを買ったとして問題になるのは、MFレンズだということ。私は眼鏡使用の上に乱視も入っているので、どうにもファインダーでピントをカチッと合わせることができません。だからMFを楽しむ時にはレンジファインダーカメラを使うしかなくて、それなりの値段で買えるレンジファインダーとなるとフィルムカメラしか無いということになります。そこで年末に書いた欲しいものリストとなるわけですが、ま、解決策も無いではありません。

それは、K-7を買って、マニュアルフォーカスはライブビューMFにおまかせすること。あるいはGF1/GH1/G1あたりを買って、Mマウントアダプターも揃えること。どちらかというと後者の方がレンジファインダー用のコンパクトかつ高性能なレンズを使えるので嬉しいかもです。ただ、焦点距離が35mm換算で2倍相当となるのはちょっと勿体なさすぎ。だって21mmが42mm相当になっちゃうんですからね。うーん、そうなるとやはりツァイス・イコンかベッサR2/3/4Aに落ち着くのかも(とかいって何も買わない予感が今年も…)。

Home > 2010年01月04日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。