Home > 2009年12月23日

2009年12月23日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

GF670です


GF670で撮った写真です。この3日後に1本、今日も1本撮っているので、またそれは順次。

この日は全部手持ちだったんですが、さすがにある程度重量級で、しかもレンズシャッターということもあるのか、低速シャッター(1/15~1/30)でもそれほどブレませんね。今回は以前の反省を踏まえ、丸1日重しをかけてしっかりフィルムの反りを取ったので、スキャンしてもピントが来ているようです(それでも民生用なのでそこそこ)。

絞った時のボケに頼らない立体感は、中判デジタルほどじゃないにせよ、結構なものを持っているように思うんですがどうかな? 今回はベルビア100Fですが、こういう景色はアスティア(センシア)なんかが似合うかもですね。でも数が出ないフィルムだから通販じゃないと手に入らないし、予約するほどでもないし。

ちなみに今朝の撮影で、寒風の中しばらく放っておいたら、電池が音を上げたのかレリーズできなくなりました。それでもシャッターを押したことだけ記憶しているので、巻き上げないと次が撮れず、そこでもまたレリーズ不能。ということで最後の2枚ほどは真っ黒だと思われます(撮れてたりして)。

理科の時間です~

IMGP7339.jpg
IMGP7309.jpg

今日は理科の教材みたいなもんが撮れました。えーと、上の写真は太陽(右側)とニセ太陽(左側)。これはまあ、きっと虹の一種でしょうね。光の乱反射です、終わり。

下の写真は、海抜ゼロメートルの雲です。ほんと目の前がきれいに雲と海に別れていたのでビビりました。これはまあ、けあらしの親分みたいなもんですかね。親分というよりけあらしそのものかも。で、私のいた場所が悪いから、ただの記録写真になってしまいました。朝日とこの雲を結んだ線の延長線上に立っていれば、今頃得意になって「燃えるような海がどうのこうの」とブログっていたことでしょう、はい終わり。

Home > 2009年12月23日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。