Home > 2009年10月04日

2009年10月04日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

急性フィッシュアイ中毒

私はペンタックスからするとあまり儲けさせてくれるお客様ではないのかもしれません。新しいモデルを出しても2世代くらいは様子見して買い換えてくれないし、スターレンズのような高価なレンズは買ってくれないし、それどころか高いレンズなんてカネの無駄だというようなことを平気でヌかすし、中古レンズや中古カメラには結構景気良く手を出すくせに新品はなかなか買わないし…

で、そんな私が懺悔の気持ちを込めて買った(ウソです)DAフィッシュアイズームですが、いやー、本当に個性的。これは別にペンタだけではなくフィッシュアイレンズそのものの成り立ちが個性的なわけですが、ほんと、空間が歪みまくりなんですね。頭では知っていたけれど、実際ファインダーを覗いてみると驚きます。

ファインダーだけを見ていると、特に近接撮影の際は、もうちょっと寄ろうと前に進んでいるうちにまず間違いなく被写体にぶつかります。いちいち実際の距離を確かめないと危なくて仕方ありません。花などはともかく、木や壁にぶつかるとレンズ(と眼球)が危険です。

更にこの独特の描写を体験してしまうと、しばらくは通常のレンズで撮った写真が全然面白くないという後遺症が出てきます。本当は必ずしも面白くないわけではなく、空間の歪みのない素直な描写が物足りなくなるだけですけどね。ま、急性症状ですから1日くらいで収まります。

ちなみに(解説不要ですが)上の写真がフィッシュアイ、下の写真が同じ場所から同じ方向を向いて撮った通常レンズ(DA50-200mm)です。

熊本 0-0 札幌

スカパーの実況ではどうしても熱戦にしたいかのような解説でしたが、ややレベルが低めのパスミス合戦でした。暑かったからかな。

写真において気合いがそのまま作品の出来につながるには熟練が必要なように、選手たちの「気持ち」が試合で表出するにはもう少し時間が必要なようです。そういう意味では、この試合の後に見た「鳥栖 - 岐阜」戦は本当の熱戦でした。多分今の札幌でも実力的には鳥栖に遜色ないけれど、スクランブル時の馬鹿力を出すには他にも必要なものがあるのでしょう。来年はいい感じに仕上がるんじゃないかな。

Home > 2009年10月04日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。