Home > 2009年09月30日

2009年09月30日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

超広角レンズ遊びなら、せめてAPS-Cサイズは必要かな

こうなったらパナのGF1と20mmパンケーキ、それにMマウントアダプタにスーパーワイドへリアー15mmをくっつけて遊ぼうと決心して、楽天で購入寸前まで行ったんですが、別タブでデジカメWatchの『コシナ「SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II」』を見たらもう買う気が失せてしまいました。いやなもんというか、凄いもん見てしまった…

やっぱりこういう絵を撮るために生まれてきたレンズに対して、ど真ん中だけくり抜いて「30mm相当です~」なんてのは気の毒かも。しかしまあ、この立体感というか、瑞々しさはなんだろう。DP1も同じような感じを受けることがあるけれど、やはりローパスフィルタを入れないからなのかなあ。どっちにせよ、M8でこれならフルサイズのM9はどうなることやら。もしかすると周辺減光でえらいことになるかもしれないけれど、それでも雰囲気出るだろうなあ、きっと。

Home > 2009年09月30日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。