Home > 2009年09月

2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

超広角レンズ遊びなら、せめてAPS-Cサイズは必要かな

こうなったらパナのGF1と20mmパンケーキ、それにMマウントアダプタにスーパーワイドへリアー15mmをくっつけて遊ぼうと決心して、楽天で購入寸前まで行ったんですが、別タブでデジカメWatchの『コシナ「SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II」』を見たらもう買う気が失せてしまいました。いやなもんというか、凄いもん見てしまった…

やっぱりこういう絵を撮るために生まれてきたレンズに対して、ど真ん中だけくり抜いて「30mm相当です~」なんてのは気の毒かも。しかしまあ、この立体感というか、瑞々しさはなんだろう。DP1も同じような感じを受けることがあるけれど、やはりローパスフィルタを入れないからなのかなあ。どっちにせよ、M8でこれならフルサイズのM9はどうなることやら。もしかすると周辺減光でえらいことになるかもしれないけれど、それでも雰囲気出るだろうなあ、きっと。

札幌 2-0 湘南

しばらくサッカーネタは書いていなかったけど、相変わらず一喜一憂しながらスカパーを見ています。

湘南相手の試合はいつも圧倒的に攻め続けながら一瞬の隙をつかれて敗北、というパターンでしたが、今回は見違えるように落ち着いた試合っぷり。危ないシーンも結構ありましたが、2点リードした後は「大人の対応」で反撃を許しませんでした。いやー、成長したねえ、というかこの若い面子でこういうゲーム運びができるようになったことが我がことのように嬉しいです。ま、昇格争いという点ではちょっと目覚めるのが遅かったかもですし、このまま来年も右肩上がりに成長し続ける保証など何もないわけですが、やはり身近なチームが一歩一歩階段を上るように進歩してゆくのを見るのは楽しいです。今年はもう余計なこと考えず、残り試合で存分に「らしさ」を発揮してほしいな。ほんの少しだけ残る「可能性」も信じながら。

Flickr , Zorg , GANREF ...

写真アップロードサイトは無料で使えることもあってあちこちつまみ食いみたいな感じで加入していますが、今のところメインに使っているのはFlickr。なんといってもユーザーインターフェースが抜群にこなれていて使いやすいし、安易にFLASH等で飾らず、しかし肝心なところはJavaScriptをきっちり使ってくる、この絶妙なバランスが、いかにも写真とWeb両方の特性を理解した人が作っているんだなあという安心感を生みます。

それに比べると他のサービスはほとんど後追いのしかも劣化コピー。特色を出そうとして変なところに力が入ったりして居心地が良くありません。それと、多分開発者の数自体が少ないのか、あるいは社内での立場が弱いのかなあ、ちょっとした使い勝手の悪さをユーザーに指摘されても(それを開発側が認識していても)なかなか改善が進まないところがありますね。Flickrはその点、いつもいきなり何かが変わっていたり、ダイナミックに動いています(いきなり過ぎて文句も出るけれど)。

更に決定的に違うのは、ユーザー数。Flickrは膨大な数のユーザーを世界中に抱えているので、アップロードしてからしばらく経った写真のviewがいきなり増えたりすることもあって、古い写真がなかなか死にません。まあ他人の写真にタグをつけたり、いろいろ手出ししやすい環境もあるんでしょうけどね。

そういうことで日本の写真アップロードサイトは競争相手にもならないわけですが、私の使っているところで唯一の例外はGANREF。ここはデジタルカメラマガジン(DCM)のフォトコン投稿用としても使える(というか発祥はフォトコン応募用ページです)ので、比較的良質の写真が多いのが特徴かな。まあポイント制とかあるんでやはりある程度は営業活動(笑)もしないとなかなか、というのはありますが、ちょっと刺激を受けたい時は良く覗いています。

霧の然別湖(から帰る途中の道端)

湖畔はもう紅葉しているらしいので、然別湖まで行ってきました。ただし母を連れて行ったのでいつものような早朝ではなく、お昼近くに到着、そして雨混じりの霧で何も見えなかったとさ(ちゃんちゃん)。

それでもいい感じに霧が出ていて、一人だったらもっと粘るところなんですが、やれ風邪をひくだの身体が冷えるだの熊が出るだの横でわいわい心配されて集中もクソもありません。持ち主がそんな状態でもDP1は淡々と光を記録してくれたわけではありますが…

FinePix F10に代わるコンパクトカメラ

2006_07_03 03

FinePix F10に代わるコンパクトカメラをまだ探しています。とか書くと「F31fdはどうしたの?」とか言われそうですが、不思議なんだよねえ、直系のCCDを使っていて、機構的にもほとんど同じはずなのに、長く付き合うほどに何故かしっくり来ません。確かに高感度は強いけど、F10に惚れたのはそこじゃなくて通常感度領域の画質。多分いい悪いの問題じゃないんだろうな。F10が自分の予測(願望)にぴったり沿った絵を返してくれる希有なカメラで、F31fdで色々進歩したところは逆に少しずつ自分の好みから外れた、ということなのかもしれません。言葉にできなくて申し訳ないけれど、何かこうスカッとハマらないんですよ。

こういうのはカタログスペックじゃなく相性の問題なので、ちまちま買いながら相性ぴったりのカメラを待つのが一番ですが、1回買ったものは壊れない限り売りたくない(手放したくない)性分なので困ります。ちょっと毛色を替えてリコーCX2でも買ってみよっかな。

朝撮りしてきました

今朝は久~しぶりの撮影。冬は大地も白いので朝焼け時にも十分地上の様子が写りますが、夏はこうやってHDR合成でもしない限り真っ黒になっちゃいますね。まあ写ってりゃいいってもんでもないけど。

撮影地はいつもの千代田堰堤です。

iPhone少し欲しくなってきた

scan0003.jpg

電話機能を取っ払った(というかモバイルデータ通信機能だけを使えるような契約形態の)iPhoneか、せめてGPS機能の付いたiPod touchが欲しいです。でもソフトバンク系のネットワークはイヤ(わがままw)。

去年出張時に使ったイー・モバイルのデータカードの使い心地がとても良かったので、あの機能とGPSを内蔵したiPod touchが理想ですね。いや、EM-ONEがもう少し魅力的になってくれるだけでもいいんだけどなあ。

フォトジェニックな季節が

ひまわり2

秋近し。いよいよ写欲がふつふつと湧いてくる季節となりました。まずは紅葉、秋空で軽く流して、初雪が降るころにちょい小休止。池に薄氷が張るころからは毎週末、日の出前に走り回ることになりそうです。12月から2月頃までは待ちに待った霧氷の季節ですねー。今年はGF670もあるし、去年に引き続いて針穴ホルガ君もいるし、もちろんマイナス20度の朝でも何一つ問題の出ないK10Dも連れて行きます。DP1は若干電池まわりに不安があるけれど、無理矢理連れ出すつもりです。はやくこいこい真冬の寒気~

ひまわり

丘といえば美瑛、富良野近辺が有名ですが、まあ十勝も広いので探せば丘陵はあります。逆にいえば、探さないと見つからないですけど。

ちなみに上はPhotomatixProを使ったHDRIです。

ライカ様新製品

ライカのM9が予想外に安い(といっても77万円)ので驚きました。まあ私はライカが何を出そうと興味はないんですが、この流れでツァイス・イコン・デジタル(フルサイズ)が20万円くらいで出たらいいなあ、なんて思います。もちろん部品はすべて日本製で。

それともうひとつ、X1というモデルも出ていますが、これも微妙。この辺のモデルに興味を持つ人はそこそこマニア層だと思いますし、良いモノを手に入れるためなら多少の出費も厭わないだろうけど、それでもほとんどの人はDP2と比べて、最終的にDP2を選ぶでしょうね。値段を半分まで落としてようやく五分の勝負になるかどうか、それでもDP2が優勢かも知れません。あのセンサーはやっぱり凄いですし。

機材ドーピング

IMGP1487

最近更新が滞っていますが、なんせ写真を撮っていないので更新するネタがありません。今までも冬場に比べると春~夏は写欲が衰えがちだったんですが、今年は本当にテンションが上がりませんです。きっと湿っぽくてダラダラした、十勝らしからぬ天気も影響しているかも。

それにしてもこんな天気が続くと、冬はしっかり冷えてくれるのか心配になってきますね。今年は美しい霧氷に出会えるのでしょうか、不安だ。

ま、こういう時はカメラやレンズを買って無理矢理モチベーションを高めるというのもいい手ですが、さて、最近になっていろいろ魅力的なカメラが出てますねー。どんなレンズでもこいのE-P1、熟成のGR DIGITAL III、低画素化を英断したPowerShot G11、相変わらずセンサーが魅力のDP-2 ,そしてもちろん K-7。レンズではペンタの魚眼ズームなんかもいきなり世界が変わって面白いかも。でも機材ドーピングは数ヶ月しか持続しないからねえ。CONTAX G2の修理もそろそろしておかないと。

Home > 2009年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。