Home > 2009年08月02日

2009年08月02日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

C大阪 3-0 札幌

芽室町新嵐山展望台より

なんというか、動きが重くてプレーが軽いという感じ。自ら動いてパスコースを作ろうとしないから、結局最後は通るか通らないか紙一重の難しいパスを出すしかなくて、当然ながら滅多に通らないし、通ったとしても難しい体勢でのプレーを余儀なくされる。

いつもそうだけど、今回も序盤の決定機が決まっていたら選手の動きもまるで違ってきたんだろうなあと思う。とにかく気分よくプレーしている時と、そうでない時の差が大きすぎる。しかも悪い状態からなんとか足掻いて良い状態に持っていこうとする姿勢が見えない(無い、とは言わないけれど、残念ながら形に表れていない)。

攻撃にも得意な「型」を持っていないから、相手のチーム力に関係なく、どこと当たっても圧倒されることは無いかわり、圧勝することもない。これじゃあ確率通り5割近辺の勝率しかあげられないよなあ。それよりも何よりも、こんな試合を続けて1年が終わったんじゃ、来年への希望どころか課題すら見えてこないよ。

レンズ沼なんか知らね

  • FA43mmF1.9Limited
  • FA135mmF2.8
  • Sigma 50mmF2.8macro
  • DA16-45mmF4
  • DA50-200mmF4-5.6(中古品)
  • これが今持っている一眼レフ用レンズのすべてです。レンズ沼とはほど遠い状況なので、もしペンタックス以外のカメラに乗り換えようと思ってもハードルは高くありません。まあ壊れたり置き場に困らない限り買ったものは売らない主義ですから(まだQV10もどこかにある、はず)、できれば同じメーカーの一眼レフを使い続けた方がスペース効率上いいのかなあ、という程度。

    新しいレンズが出るととりあえず興味は示しますが、欲しくなるのはフィッシュアイとか超広角単焦点とか、今までもっているレンズではカバーできない画角を持っているものだけです。上に挙げた安レンズ群(Limitedは安くなかったけど)はみんな良く写るレンズばかりで、多分同じ焦点距離域の高級レンズを買ったとしても、(自分の場合)撮れる写真はさほど変わらないと思うな。他人様が見たって、多分違いなんてわからないはず。まあ最近のDAレンズは超音波モーター内蔵とか、そっちの方で便利になっているので絶対買わんとは言えないけど。

    ちなみに上記レンズの中で特にお勧めしたいのはDA50-200です。中古で安いのが転がっている可能性が高いですし、小さくて軽くて良く写る、3拍子揃ったレンズです。特にK-7のようにコンパクトなカメラには良く似合うはず。

Home > 2009年08月02日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。