Home > 2009年06月02日

2009年06月02日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

遠回りしてしまった

数年前まではレンタルサーバーにCGIを入れて色々やっていたんだけど、最近はすっかりズボラになって無料サービスで済ましているため、レンタルスペースが余っています。

今回サーバー屋さんがサービス体系を一新したこともあって、料金が下がって容量が激増したのはいいんですが、何も使っていないので非常にもったいないです。

そこで、デスクトップピクチャ用に作った写真を置くスペースに使おうと思い、ここ数週間は写真ギャラリー系のPHPスクリプトを色々試しました。しかし、どれもこれも高機能すぎてかえって扱いにくいんですよね。ただ、超重量級のスクリプトでもインストールは昔に比べて非常に簡単かつわかりやすく、時代の流れを感じました。ま、全部海外製ってのがアレですけど。

次に目をつけたのが、HTML、CSS、JavaScriptを組み合わせた「見栄えチューン」。Lightboxなど有名なものがいくつかありますが、みんなハイセンスで動きもきれい。でもね、デスクトップピクチャはサイズが大きいから、せっかくのきれいなウィンドウがブラウザからはみ出るんですよ。そりゃまあ背景画像なんだから当たり前。

ところが世の中よくしたもので、そういう時には適宜リサイズ表示してくれるツールもあるんですよね。で、こいつを使っていいところまで作り込んだんですが、やっぱりJavaScriptを切った環境でも動かなくては意味がないので、ブラウザ(Firefox)の環境設定でJavaScriptをオフにして動かしてみました。

その結果、全く問題なく動きました。サムネイルをクリックしたらブラウザに合わせて縮小された画像が表示され、クリックすると原寸表示になります。で、気付いたんですよね、これだけブラウザが良きに計らってくれるんなら、わざわざややこしいことすることないんじゃね?

ま、そういうことで、今はXHTMLとCSSをしこしこ書いてデスクトップピクチャ置き場を制作中です。結局(良い意味で)Webを取り巻く環境なんか昔とちっとも変わってないんですよね。普通に書くのが一番良い結果を生む、ということ。そうすれば、自分が動かなくても勝手に周囲の環境が進歩してくれるということですね。昔はちゃんとそれを知っていたはずなのに、知らないうちに脳みそも退化していた模様です。

Home > 2009年06月02日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。