Home > 2009年02月04日

2009年02月04日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

フィルムは素敵な嘘をつく

2009020402p

今回現像に出したうち、いい感じだったのはこの1枚くらいかなあ。ピンホールカメラはある程度以下に明るさが落ちるとほとんど感光しなくなるので、その閾値を撮る側が感知できるか否かで結果が大きく変わるような気がします(私はまだ試行錯誤中)。フィルムによっても違うだろうし、真剣に打率を上げようとすればかなり場数を踏まないとダメでしょうね。とりあえず薄暗い時間帯は計算上の数字よりもかなりオーバー目が基本かな。

その点デジタルカメラは暗い部分に非常に強いので、逆にオーバー露光さえ気をつければなんとかまとまります。ただしベルビア50はもちろん、並みいるポジフィルムに匹敵する色を出すのは難しいかもですね。とりあえず私の技術では、不自然さを見せずにこういう色を出すのは無理だなあ。

Home > 2009年02月04日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。