Home > 2008年10月28日

2008年10月28日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

DP1のリアリティ

今日は日曜出勤の振替でお休みです。朝4時半に家を出ると、満点の星空…ではなくやや厚め(重め)の雲が空一面に散らばっていました。今までの私の経験から言って、このような日の朝焼けは、濃い目の色が地平線にチラッと出る程度であまり大きくは広がりません。その代わり厚めの雲がそのまま漂っていれば、日の出直前の光が雲に反射して、より紫がかった立体感のある朝焼けが出ることもあります(↓ 例:去年10月撮影)。

001IMGP1769.jpg

ということで今回は、まあ運が良ければ朝焼けも撮れたらいいねというスタンスで、山中の岩内仙峡へ行ってみました(朝焼け狙いの時は峠など見晴らしの良いところに行きます)。以下2枚、DP1とK10Dです。


それと、何気なく撮った一枚でDP1の描写力にぶったまげたので、そいつも載せときます。

少なくとも28mm領域では、解像感はもちろん、リアリティ溢れる表現力においてK10D+DA16-45mmの水準を大きく超えていると感じました。ただし「良い時」限定ですが。

Home > 2008年10月28日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。