Home > 2008年10月19日

2008年10月19日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

K10Dにはしばらく頑張っていただく所存でございます

Bisei river 2 Bisei river

予想外のもん買ってしまったので、一眼レフはしばらくK10Dのままになりそうです。というかいずれMacも買い替え必至ですし、最近のハイエンド一眼の技術開発動向は既に画質競争とは違うベクトルに乗りかけているようですし、もうそろそろ4~5年に1回くらいの買い替えサイクルで十分(かつ金銭的負担も減る)かと。その分コンパクトクラスが面白いんでそっちにカネをかけた方が楽しそうです。

今朝はK10D、DP1、FinePixF31fdの三台体制で出掛けたんですが、いや随分個性的なのが揃ったなと感心しました。フィルムの方は(今朝は出動しなかったけど)MZ3、CONTAX T2という状況で、まあどちらも優等生型の一眼レフとクセ者コンパクトという組み合わせです。これに何か加わるとしたら、やっぱりホルガかな、それともカシオのあの凄い連写するやつ、あれもいいですね。いやまずはMacと大容量HDですけど。

ちなみにDVDやら何やら、あの手のディスクに画像をバックアップしている方も多いと思いますが、あれも基本的に経年変化と無縁じゃないので、フィルムのように安心しきってタンスの奥とかに入れておくとある日突然データが飛んでいるということもあり得ます。デジタルデータなので、色あせはしないけれどその代わりいきなり消えますんでご注意を。

私は利便性と安全性を(今の段階で)高度に両立させるバックアップ手段としては、やはりHD(ハードディスク)を2台用意して、両方に同じデータを保存するのが一番だと思っています。それにDVD保存等を加えればほぼ個人としては完璧に近いかなと。タワー型PCはこれらが全部1台に内蔵できてしまうのが利点ですね。ただMacでタワーとなると超弩級スペックも一緒に付いてきちゃうのでお高いのが難点です。別にもうMacじゃなくてもいいんだけどね、でも何でもネット経由で解決してしまう今、逆にWindowsにチェンジする必要性もあまりないんですわ。

撮影行ってきました(DP1 and K10D)

01SDIM0019.jpg 01IMGP4275.jpg

今朝は多分に湿気を含んだ曇り空。期待していた朝焼け等はありませんでしたが、淡く美しい色彩を楽しんできました。上がDP1、下がK10D+DA50-200mmです。

光を十分与えられない時にはDP1じゃあちょっと辛いんだろうなあと勝手に思い込んでいましたが、そうでもないですね。手ブレ補正も付いていないし感度も上げにくいカメラですが、ショックのほとんど無いレンズシャッターということもあり、それほどブレやすいという印象はありません。色はK10Dの方が肉眼に近いですが、RAWから画像を起こすので色温度を変えればどうにでもなります。

K10Dは、こういう淡い色合いに結構強いんですよ。ただ、左上隅の空に引っ掻いたような跡が残っているけど、これ何でしょうねえ? 他の画像には見えないのでレンズやCCD由来の跡では無さそうですし、元画像にも付いているのでリサイズ/レタッチによるノイズでもありません。圧縮ノイズかなあ。ここはRAWで撮っていないのでわかりませんです。

追記)等倍で見たら謎が解けました。ノイズではなく、後ろの山の陰影(木々)でした。この部分は空ではなかったということです。

Home > 2008年10月19日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。