Home > 2008年08月

2008年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

紅一点×3

01IMGP4123.jpg 01IMGP4121.jpg 01IMGP4117.jpg

いやあ、やっぱりNM706iのカメラとK10Dでは笑ってしまうほど違うなー。もちろんFinePixF31fdとも、IXY900ISとも比較になりません。いやほんと、画質悪い。階調の余裕も皆無で、他のカメラと同じつもりでレタッチなんかしようものなら、絵が壊滅的な打撃を受けます。でも操作性が良いから、結構撮っちゃうんだよね(ちなみに上の写真はK10Dです、念のため)。

欠点をいくつか(NM706i)

01IMGP4046.jpg

NM706iを買ってから10日余り。通常の機能は迷わずに使えるようになりました。

安さに惹かれた場合を除き、あえてこの機種を買う時点で「スペック基準では計れない何か」に惚れ込んでいることは明白なわけですが、それを書こうとするとホメ言葉の羅列になるので、買ってからわかった欠点を書いてみようかと思います(まあスペック表見ればわかることも多いですが)。

まずは何といっても電池持ちが悪いこと。これは予想以上(以下というべきか)でした。1日数回、それも長くても1分か2分程度の通話利用で、4日もすれば電池目盛りが半分以下に落ちます(NM706iは7段階表示)。その状態でもあと2日くらいは持ちそうですが、他機種の充電器と互換性が無いこともあり、ぎりぎりまで引っ張ることはできません。ヘビーに使う方は変換アダプタか予備の電池など、電源対策が必須でしょう。ちなみにBluetoothは常時offにしていてこの状態です。

ハード上の問題としては、方向キーに囲まれた決定キーがやや凹んだ位置にあるため、決定キーのつもりで方向キーを押してしまうことが多いです。まあボタン全体に言えることですが、爪先を駆使したデリケートで確実なタッチが要求されます。

あと充電コード(というかACアダプタ)ね。これはゴロンとしてて無骨すぎ。日本製のおもてなし精神に慣れた方には、「変換アダプタ+FOMA充電器」の方がいいかもしれません。私もその用途を考えて、前機種の充電コードはそのままとってあります。

電話帳や発着信履歴にもややクセがあるんだけど、これは欠点なのか、慣れればこっちの方がいいのかまだ判断がつきません。私はこの機種のようにまず「発着信履歴」のまとめメニューが出るよりは、前の機種のように一発で発信履歴または着信履歴に飛べる方がうれしいです。それにこの辺の機能は直前の利用状況によって表示の優先順位等が変わるようで、親切といえば親切だけど、余計なお世話といえば余計なお世話。

特に目につくのはこれくらいかな。後は、やはりドコモによってむしり取られたアプリインストール機能が惜しかったですね。タスク管理周辺の使い勝手は、本当にmicro PCと表現してもいいくらい洗練されているだけに、残念です。

あ、そうそう、私事ですが(ってココは私事を書くところですがw)、1ヶ月の札幌出張が本決まりしました。so-netのbitwarpオプションも付けました。9月9日から札幌へ行きます。

テーマと着信音をいじったり(NM706i)

03DSCF0699.jpg

NM706iのテーマをネットから拾ってきました。「テーマ」はいわゆる「着せ替え」的な機能で、待ち受け画像や各種アイコン、時計などのデザインが一括して変更できます。自分で作ることも可能らしいですが、多分ブログのスキンを作る程度の根気と能力は必要になりそうです(基本的に同じような作業だから)。変更方法はNM705iのまとめWikiを参考にしました。PC(Mac)経由なのでパケット料金はかかりませんが、ダウンロードしてきたファイルを展開する手間がかかります(展開に失敗するファイルも結構あります)。

着信音もいくつか作ってみましたが、やはり標準で用意されている音に比べると着信音としてのメリハリを出すのが難しく、今のところはSDカードの肥やしになっています。作り方自体は簡単で、iTunesからGarageBandに曲をコピーしてから適当に切り出し、またiTunesに戻して(この辺はもっと良いやり方があるかも)AAC(あるいはMP3)ファイルとしてNM706i側へコピーするだけ。

機能は少なくてもいいからデザインが良くて扱い易い携帯が欲しいと思って買ったNM706iですが、本国仕様ではSymbian OS用のアプリが使えたりHSDPAに対応していたり、結構な高機能携帯なんですね。でもそういう使い方をするには電池が頼りないんじゃないかなあ。たま~に設定をいじる以外は1日数回の電話(しかも短時間)を使うだけなのに、5日くらいで電池残量表示が3本に減りました(満タンで7本表示)。本気で遊びだしたら1日持たないんじゃね?

自由でオサレな国から来たNM706i

20080820(002).jpg

NM706iにmicroSDカード入れたですよ。で、USBでMacに繋げたらカードがリムーバルディスク扱いになって、試しにiPhotoを起動したら勝手に画像を取り込みはじめました。普通のデジカメと全然変わりません(NM706i側でワンステップ必要だけど)。もちろん逆も可能で、つまりどんなファイルも転送し放題というわけです。適当にMP3を転送したら着信音でも使えるようだし、これは変な有料サービスに対応するよりよっぽどマシな仕様だと思いました。ちなみにカメラの画質は、上の写真でわかるとおり、まあそれなり。前のSH903iよりは数段落ちます。ただしビックリパノラマモードという秘密兵器があるので使用頻度は高くなりそうです。うちのMacは古いのでBluetoothに対応してないけれど、対応PCで使えばもっと便利かと思われます。

4日間ほど使ってみて、まず感じたのは持ちやすさ。小さすぎず大きすぎず、厚すぎず薄すぎず、そして軽すぎず重すぎない。他の人は知りませんが、自分の手には完璧にフィットしています。余計なものが一切付いていないサイド・リアのデザインも素晴らしいです。操作画面のUIも適切で、iモードのコ汚いメニューを出しさえしなければとても快適。よく使う外部端子(USB/ヘッドホン/充電)にはカバーを付けず、メディアをほぼ入れっ放しにするSDカード挿入口には堅いハードカバーを付けるのも正解。つまりは正しいフツーの携帯の在り方そのものといったところです。

しかし気になるところもいくつかあって、その最たるものは「キーのたてつけ」。クリック感はかっちりしているのですが、キーの上をそっと触ってみるとパタパタ揺れます。本当にこの造りで何年も持つのか、いや多分大丈夫なんだろうけど、ちょい不安です。それと通話音声もSH903iに比べるとちょっと割れ気味というか、音質が落ちますね。

ちなみに今のところはほとんどデフォルトの設定で使っています。15秒で自動キーロックがかかるようにしたくらいかな(これ結構便利)。

「太陽の欠片」【第14回ブログdeフォトコンテスト「あお」部門応募作品】

「太陽の欠片」【第14回ブログdeフォトコンテスト「あお」部門応募作品】
タイトル: 太陽の欠片
撮影者: s.sawada
撮影機材: PENTAX K10D / DA16-45mmF4
撮影日: 2007年3月
使用ソフト: Adobe PhotoshopCS(トリミングあり)
コメント: 燦々と輝く太陽の下、僅かに粉雪が舞ってきたのであわてて撮りました。

パノラマ~

20080819.jpg

NM706iには何の変哲もない200万画素のパンフォーカスカメラが付いてるんですが、こいつのパノラマモードが面白い。シャッターを押してからじわじわと右側(あるいは左側)にカメラを回していって、再度シャッターを押したところまで写ります。どっち側に回っているかを示す矢印が表示されていて、あまり速く回り過ぎると赤くなって警告します。ただし360度までは無理でした。もちろん手持ちで回っているので、ブレる時は正直にブレますし、画質もそれなりです。

説明書を読んでいると、機能は少ないけれど制限も少ないという感じで、上限はメモリが一杯になるまでとか、(実質的に)電池が切れるまでとか、そういうのが多いです。USBケーブルも付属しているので、microSDを買って色々遊んでみようと思います。

NM706i買いました

NM706i

近所のドコモショップに電話して確認したところどこにも在庫なし。あまり期待せずにヤマダ電機へ寄ったら、あっさりありました。人当たりの良い可愛い店員さんが付いてくれて、鬼門と言われている電話帳移行もあっさり終わり(どうやったのかはわかりません)、晴れてNOKIAユーザーとなりました。

まだそれほど触ってないのでインプレらしいことは書けませんが、程よく手に馴染む形で、キーのクリック感もレスポンスも上々です。液晶も小さいけれど表示は明瞭で必要十分以上。UIも国産と大きく変わるわけじゃないんですが、ひとつひとつが少しずつ使いやすい感じ。「こなれている」という表現が一番しっくりくるかな。これがそのまま機能を増やしてX02NKなどのスマートフォンになっているのだとしたら、結構使いやすいものに仕上がっているんだろうなあと想像します。

オーディオとかケータイとか

01IMGP4108.jpg

今朝は久しぶりに3時起きで写真を撮りに行きました。車載用のiPod nanoに最近買った曲を詰めて出掛けたんですが、カーオーディオの音が妙に乾いた音になっていて焦りました。以前24ヶ月点検でバッテリーの比重が引っかかったことがありまして、やっぱりバッテリーは音質に影響するんだねえと一人納得していましたが、あれ、そういえばバッテリーは再チャージしたから元通りになったはず、…だとすれば原因はひとつ、UE triple.fi 10 proのせいかと思われます。あっちに耳が慣れたから、低音が抜けてスカスカに聴こえてしまったんじゃないかなあと。低音は別にドンドンボコボコだけを担当しているわけじゃないんですね。声の艶というか湿り気というか、そこらへんに大きく影響していることを身をもって知りました。

とはいってもヘッドホン系に負けないバランスを車内で実現するには非現実的なお金がかかるので、できることはせいぜいバッテリーの強化とパワーアンプ追加くらいですね。多分サブウーハーの追加ではバランスが崩れるだけでロクな結果にならないと思います。いえ、クルマで聴く音楽に多くは望んでいませんので、追加投資はしませんけど。

それと、昼間は携帯電話を見に行ってきました。(デザインが)ちょっといいなと思っていたSO706i/N706i兄弟は、確かに他の706シリーズに比べるとシンプルで良かったのですが、質感が今ひとつ。色もきれいなソリッドカラーではありませんでした。あれって表面に何かコートしてるのかな。細かいラメかな。SO706iの黒も濃いブルーという感じで、あれはあれでいいけれど自分の期待した色とはちょっと違いました。薄さも魅力でしたが、かえって開けにくいし、使いにくいですね。

ま、外見と手に持った感触では、やはりNM706iが断トツ。ただ充電用端子の形態が他のFOMAと違うので、他人や家族のアダプタをちょっと拝借、というわけにはいかない模様(変換は可能らしい)。ストレート型はやはり使いやすそう。でも買うかどうかは明日まで考えてみてからにします。

Pasión

bpcIMG_0796.jpg

サラ・ブライトマンのアルバムの中に"Pasión"という曲があって、これがまた泣けるほどイイ。フェルナンド・リマという男性とのデュエットなんだけど、若かりし頃太田裕美あたりが好きだった人なんかは絶対ツボにくると思います。声が気に入って男性の方のアルバムも探しましたが、iTSには無いみたい(輸入CDでは売っているみたいですが)。

それでまあ、イヤホンのいいやつを買ってからすっかり家でもiPod漬けなんですが、やっぱりいい音を体験すると欲が出てくるというか、同じくらいの値段だして普通のヘッドホン買ったらやっぱり凄いんだろうな、とか思ってしまうわけです。そうなったら完全にiPodが負けそうですけどw

朝夕そして雨の後

01IMGP4026.jpg

畑の風景は、(特別な意図が無い限り)朝か夕方に撮る方が良いと思います。影が勝手に立体感を演出してくれますから。道路沿いから畑を撮るなら、車がほとんど通らない早朝(今なら午前4~5時頃)がベストでしょう。ただ、農作業が撮れないけどね。

03DSCF0681.jpg

それと、昼間でも雨の後は狙い目かな。水滴もきれいだけど、地面がしっとりと湿っていると、フィルターなどに頼らなくても色がキレイに出るんですよね。レタッチするにも変にコントラストがきつくならなくて、いじりやすいような気がします。

Home > 2008年08月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。