Home > 2008年07月10日

2008年07月10日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

イヤチップ買った

02IMGP3424.jpg

なにやら密かに評判が良いらしいエントリージャパン社のコンプライ イヤホンチップを購入しました。補聴器などの医療関連の会社だそうです。Web上で機種を選択すると最適な製品を選んでくれるので、もし付かなかったらどうしようと悩むこともありません。なんせ Ultimate ears さんってば音に全精力を使い果たしたのか、本体も付属品もデリカシーってものが無いんですよね。無骨というか質実剛健というか。付属の低反発チップも、素材をただブツ切りにしただけ。音はばっちりだ文句あるかコラ、という感じ。まあ確かにそのとおりで、凄ぇ音出すんですが、それにしてもなあ。

Triple.fi 10 ご到着

02DSCF1719.jpg

イヤホン(Ultimate Ears Triple.fi 10)が到着しました。結構ゴツい。ハコも開けるのにも怪力が必要で、全体的に威圧感ありあり。同梱されてきたiPodの華奢で美しいパッケージングに比べると一層差が際立ちます。

で、音はというと、最初から凄いです、確かに。iPod付属のイヤホンと比べると、どちらが高いか、誰でもすぐにわかります。他の高価格帯イヤホンは知らないので的確な比較はできませんが、今まで聞こえていなかった音(良い部分も悪い部分も)が聞こえます。外観と同様、力技でありとあらゆる音を拾いまくっている感じです。圧縮なしの音源をしっかりしたアンプを通して聴きたい気分。しばらく使っていればまた印象も変わってくるでしょうが、今のところは迫力と臨場感、それと耳への圧迫感に押しまくられて少々疲れます。純正イヤホンに替えてスカスカ奇麗な音を聴くとホッとひと安心。

付属のイヤーパッドは、ウレタンフォームチップが一番自分に合っていました。どちらにせよ装着に少々時間がかかりますし、この音に包まれたまま街を歩きたいとは思いません。クルマや自転車に乗っている時は論外。外部の音が聞こえないだけでなく、どうしても聴き入ってしまうので注意力が散漫になり危険です。電車通勤している人にはいいんでしょう、多分(経験ないので知らんけど)。

まあイヤホンとしてはかなり高価ですが、5万円で買えるスピーカーと比較してみると、手軽に良い音を獲得できるひとつの手段ではあるかなあと思います。いくら良いホームオーディオを持っていても、音量をそこそこ上げられなければ楽しくないですからね。で、時には鞄の隅に突っ込んで持ち歩けるわけですし。

Home > 2008年07月10日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。