Home > 2008年07月

2008年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

何故かわからんけど

02DSCF4498.jpg

日本の多機能ケータイを見てもゴチャゴチャややこしいもんばかり付けやがって、としか思いませんが、何故かiPhoneやNokiaのスマートフォン(SoftbankのX02NKとか)を見ると物欲がたぎります。GarminのNuviphoneなんかも(本当に出れば)楽しそうですね。BlackBerryは全然そそりませんけど。

ただ興味と実際の購入とは別で、やっぱりケータイは実用最小限のもので十分かな。NM706iとか、SO706iとか。それよりも、iPod touchにフルスペックのOSX載せて、GPSその他諸々を付加したMacBook touch(仮称)が出たらいいなあ。iPod touchの2倍くらい大きくなってもいいから、64GB SSDで、完全ワイヤレス仕様(有線端子はドックに装備)。お値段は、うーん、10万円くらいなら買うかなあ。でもどう考えても20万円クラスになっちゃいそうですね。

新潟 2-1 札幌

01IMGP3852.jpg

ひでぇ試合だった。新潟の出来も、多分新潟サポからすれば最悪に近いものだったと思うけど、それを下回る札幌のダメダメぶり。普通ディフェンシブなチームはカウンターが鋭いものですが、札幌はカウンターの質もよろしくないんですよね。それならそれで、中盤の運動量でなんとかボールを奪って、ハーフカウンター気味に相手ゴールになだれこむパターンが欲しいんですが、最近の札幌はその雰囲気すら感じさせません。セットプレーの得点率は驚異的でも、それだけじゃ苦しいですね。そもそも今の攻撃だと、いい場所でFKも貰えないです。

惜しい試合を落とし続けるチームは降格すると言われるけれど、今日はスコア以上に実力差を感じた試合でした。千葉より上の順位にいるのが信じられません。幸い今シーズンは全チーム納豆のように絡み合っているので、なんとかネバネバの糸一本で上と繋がっている状況です。まだまだどさくさに紛れて降格を免れる可能性は十分です。今日の試合が、たまたま最悪の状態だっただけだと思いたいところ(でも次はダヴィが欠場なんだよなあ)。

Symphony

0DSCF4140.jpg

今日はCSで「神戸ー千葉」を観戦しました。前節の「札幌ー神戸」戦から続く神戸の決定力不足は、もはや芸の域まで達しそうな勢いです。千葉に低迷を抜け出すきっかけを与えて欲しくないような、神戸を始めとする中位チームは停滞していてくれた方が有り難いような、悩ましい週末です。どっちにせよ勝たないと差はつまりませんけどね>札幌

それはともかく、サラ・ブライトマンの「Symphony」をDLしたですよ。当たり前のように素晴らしいわけですが、この中に「Running」という曲が入っていて、なんか巷では「という曲」なんてフレーズを付けるのもはばかられるくらい知れ渡っている(世界陸上かなんかで歌ったんですってね)らしいですけど、私はその~、音楽情勢には疎くてスミマセン、ということでこの曲、ホルストの超有名な組曲「惑星」からメロディを拝借してきて歌っちゃってるわけです。こいつが実にいい。

確か日本の女の人も同じ部分(木星~ジュピター)を使って歌っていた(ラジオで流れていた)記憶がありましたが、善し悪しは別として全く印象が違いますね。いや、私は正直言ってこっちにしか魅力を感じないですが、それはまあ好みですから。

しかしサラ・ブライトマンって、クラシック系の歌い方もいいけれど、ちょっと軽いポップス系の曲で見せるあの鈴をコロコロ転がしたような(古い例えですみません)声は絶品だなあ。

「寒水浴」【第14回ブログdeフォトコンテスト「あお」部門応募作品】

bpcIMGP0471.jpg

「寒水浴」【第14回ブログdeフォトコンテスト「あお」部門応募作品】
タイトル: 寒水浴
撮影者: s.sawada
撮影機材: PENTAX *ist D / FA43mmF1.9Limited
撮影日: 2004年2月
使用ソフト: Adobe PhotoshopCS
コメント: 冬の朝、そして月光

パナまつり

01IMGP3988.jpg

パナソニック、開放F2の24mmズーム機「DMC-LX3」
パナソニック、1,470万画素の「DMC-FX150」
パナソニック、5倍ズームになった25mm対応コンパクト「DMC-FX37」
パナソニック、27mmからの18倍ズーム機「DMC-FZ28」

パナソニックの体力おそるべし。しかもこれだけ一気に出しながら無駄撃ちしていない。これと真っ向から撃ち合うフジやキヤノン、ソニーも大変だよなあ。ということで防水広角のOptio W60をスルッと出したペンタックスはなかなかいい所を狙いましたね(オリンパスも出してるけど)。それとやっぱり、いち早くメーカーとしてのアイデンティティを確立してしまったリコーは流石。

走査

01IMGP3976.jpg

ただいまこの花は被写界深度の壁を突破いたしました、みたいな。。。

最近の休日は朝夕雨模様で昼間にちょっとだけ晴れるといった、私にとっては非常に写欲が減衰する日々が続いています。昼間に晴れても意味ねーよコラ。ということでヤケクソ気味に出掛けて撮ってきました。マクロレンズ手持ちで、ちょっとずつ空間をスライスするように撮るのがマイブームです。名付けてCTスキャナ撮り(←名付けるな)。

もちろん最初に大体の構図は決めるんだけど、手持ちだから大抵ズレてしまいます。それがまた意外性があって面白い。

曲を選ぶイヤホン

01IMGP3885.jpg

UE Triple.fi 10 pro用に買ったコンプライ・イヤチップが数日前に届きました。付属の低反発チップに比べても低反発ぶりが半端ではなく、変形したらしばらく戻りません(が、じわじわと絶妙なタイミングで戻って耳にフィットします)。触ると納豆菌でも付いてるんじゃないかと思うほどネトネト。これは製品寿命が来るのが早いか、汚れて見た目が悲惨なことになるのが早いかという感じ。でもそれと引き換えに至高のフィット感。価格相応かどうかは悩むところですが、多分もう2割くらい安ければこれ以外のチップにする理由が見つからないな、という程度には気に入りました。

ところでこれはカナル型イヤホン全体に共通することなのかもしれませんが、音の位置を妙にいじくっている曲(シンセの音?がくるくる動き回ったりするやつ)は酔ってしまって聴くに耐えませんね。臨場感が凄いとかいうんじゃなくて、単に音の塊が左右の耳にネトッとハリ付いて気持ち悪くなります。これは比喩的表現じゃなくて、本当に胸が悪くなってくるんですよ。音が左右には分離するけれど、前後に分離しないからかなあ。

得手不得手

03DSCF0509.jpg

手持ちの曲の中でUE Triple.fi 10 proが最高に活きるのは、Celtic WomanとかLIBERAとか、いわゆるああいう感じの曲です。透き通るような声が耳にキンキン響きません。しかも上品な低音が周囲に満ちあふれ、本当にきれいに聴かせてくれます。でも録音状態の悪い曲になると、ボーカルはともかく楽器類が左右両耳にへばりつくように分離して、あまり聴いていて気持ちの良いものではありません。クラシックは結構向いていますね。余計な音が外部から入って来ないから、音量を絞り気味にして(つまり耳に優しい状態で)聴いても小さな音から大きな音まですべてをバランス良く拾ってくれます。もちろん定位は完璧。

ただしうっとり聴いていても所詮イヤホン。音場の広がりを評価する声も聞こえますが、私には両耳の間にポコッと浮かび上がる美しいけれど小さな音響空間と感じます。Timedomain LightなどはTriple.fi 10 proの後に聴くと「低音はどこに消えたの」状態になりますが、スピーカーの外にまで広がる音の空間はやはり格別。しかも多少録音状態の悪い曲でもそれなりに鳴ってくれます。解像感があればいいってもんじゃないし、正確にソースを再現すればいいってもんじゃないのはカメラと同じ理屈かもです。

ま、iPod直刺しで得意になって音を語るな、と言われればはいそうですかと言うしかありませんがw

ドラマチックレインつーかなんつーか

夕立前

今日は昼間から時折強めのにわか雨。こういう日は高い確率で魅力的な夕景が見られます。といっても夕焼けじゃなくてさ、濃い雨雲をバックに斜光を受けた建物が浮き上がる、というやつ。山でこういう天気に巡り会うと、上手くすればかなり非現実的な風景が撮れます。

普通に天気が崩れて雨になりました、という時はダメなんだよね。そういう時は雲が半端に明るいから、雨が上がっても普通の曇り空。晴れているのに急にどーんと暗くなったら、その時は数時間待つとドラマの始まり始まり~(もちろんハズレもあります)。

色々と

神社

今日は画像サイズもEeePC仕様ですw

EeePC901も無事発売される(された?)ようでなにより。液晶が解像度・質ともにグレードアップしたのが一番のポイントですね。701でもメイリオフォントのおかげで何とか擬似高解像で使えているけれど、やはり素のままで1024x600は魅力的。ただ5万と1kgの壁を両方超えちゃったねえ(と、たかがイヤホンに5万かけた自分が言っても説得力ないですね)。

ところでiPhoneも発売されましたね。自分としては公衆LANのインフラさえ整えば iPod touch の方が後々変な費用も発生しないので「買い」だと思うんですが、多機能携帯電話という集団の中で見れば、やはり使いやすさで iPhone が頭ひとつもふたつも抜けているかなあと。私はどちらかというと昔使ってた premini の路線が好きなので、今選ぶとすればノキアの小さいやつ(NM705/706)になるでしょうけど。

そういえば本棚の奥に2004年のDCM(デジタルカメラマガジン)があったので読み返してみました。今から見ればロクでもない性能のカメラを「新次元」とか「新たな領域へ」とか言ってたんだよねえ、なんて思いつつ見てみると、いやあ、別に画質自体は今と変わりないんじゃね?

4年前との差は周辺機能の強化で「歩留まり」が向上したことと、低価格機の性能が底上げされたことくらいで、要するにトップとビリの差がギュッと縮まった4年間であると、そう位置づけてよろしいんじゃないかと思われます。ということは、今一眼レフを持っている人は、少なくとも画質向上という目的で買い換える必要はないということですね。コンパクト系は色々面白いのが出てくるのでつい買ってしまいますが。

イヤチップ買った

02IMGP3424.jpg

なにやら密かに評判が良いらしいエントリージャパン社のコンプライ イヤホンチップを購入しました。補聴器などの医療関連の会社だそうです。Web上で機種を選択すると最適な製品を選んでくれるので、もし付かなかったらどうしようと悩むこともありません。なんせ Ultimate ears さんってば音に全精力を使い果たしたのか、本体も付属品もデリカシーってものが無いんですよね。無骨というか質実剛健というか。付属の低反発チップも、素材をただブツ切りにしただけ。音はばっちりだ文句あるかコラ、という感じ。まあ確かにそのとおりで、凄ぇ音出すんですが、それにしてもなあ。

Triple.fi 10 ご到着

02DSCF1719.jpg

イヤホン(Ultimate Ears Triple.fi 10)が到着しました。結構ゴツい。ハコも開けるのにも怪力が必要で、全体的に威圧感ありあり。同梱されてきたiPodの華奢で美しいパッケージングに比べると一層差が際立ちます。

で、音はというと、最初から凄いです、確かに。iPod付属のイヤホンと比べると、どちらが高いか、誰でもすぐにわかります。他の高価格帯イヤホンは知らないので的確な比較はできませんが、今まで聞こえていなかった音(良い部分も悪い部分も)が聞こえます。外観と同様、力技でありとあらゆる音を拾いまくっている感じです。圧縮なしの音源をしっかりしたアンプを通して聴きたい気分。しばらく使っていればまた印象も変わってくるでしょうが、今のところは迫力と臨場感、それと耳への圧迫感に押しまくられて少々疲れます。純正イヤホンに替えてスカスカ奇麗な音を聴くとホッとひと安心。

付属のイヤーパッドは、ウレタンフォームチップが一番自分に合っていました。どちらにせよ装着に少々時間がかかりますし、この音に包まれたまま街を歩きたいとは思いません。クルマや自転車に乗っている時は論外。外部の音が聞こえないだけでなく、どうしても聴き入ってしまうので注意力が散漫になり危険です。電車通勤している人にはいいんでしょう、多分(経験ないので知らんけど)。

まあイヤホンとしてはかなり高価ですが、5万円で買えるスピーカーと比較してみると、手軽に良い音を獲得できるひとつの手段ではあるかなあと思います。いくら良いホームオーディオを持っていても、音量をそこそこ上げられなければ楽しくないですからね。で、時には鞄の隅に突っ込んで持ち歩けるわけですし。

ガーミンnuviにも興味津々

0IMGP3354.jpg

アップルストアからのメールによると、ヘッドホンは今日発送で水曜日頃来るようです。

あと欲しいのはねえ、ガーミンのnuvi250(ポータブルナビ)。こっちは田舎だから、渋滞情報だの何だの、せせこましい機能はいらねーですよ。道路地図と現在位置、そしてどっちの方向に行けば家へ帰れるか、それだけわかればいいの。今持ってるケータイ(SH903i)にも「機能としては」あるけれど、メニューを辿るだけで疲れるしトロいしUIも悪いし、使う気になりません。ということで多機能ケータイも不要なのでNM705(706)iか、その後継機あたりにいずれ買い換えようと思います。身の回りが外国製品だらけになってゆく~

こうなりゃいっそ、カメラもライカM8に、、、、とはなりませんけどね(いくらなんでも高価すぎ)。

イヤホン買った

03IMG_0372.jpg

最近は休みごとに仕事やら葬式やらが入って写真撮りに行けません。つまらん。

以前買った iPod nano(2GB) が車載専用と化しているので、お部屋用にもう1台買いました(8GBモデル)。で、ヘッドホンも買おうと思って、値段やら評判やらを調べてひとつ買いました→M-AUDIO - Triple.fi 10 Pro

ヘッドホンに5万近いお金を出すのもなんだかなあと思いましたが、私は音を聞き分けて各機種を比較判断できるような耳を持っていないので、他人の耳と言葉に頼ることにしました。スペックを見るだけで大体自分で判断できるもの(PCとかカメラとか)はきちんとコストパフォーマンスを考えますが、そうでないものは(常識的な範囲に収まることを前提として)高価で評判の良いものを選びます。それで失敗することはほとんどありませんから。

アップルストアでは24時間以内に発送となっていたので、火曜か水曜くらいには来るかな、と思います。

今日の夕暮れ

03DSCF0658.jpg

EeePCから更新してます。非常に目が疲れます。無理やり解像度をアップして字が小さいせいもありますが、やはり液晶の質が少々悪いかなあと。アップル純正シネマディスプレイと比べるのも可哀想ですが、携帯のSH903iと比べても分が悪いですね。特に明るくすると白バックが目に突き刺さるように刺激的。ま、下手な携帯より安いですからね。それでいながらスマートフォンなどとは一線を画する一人前の(ここらへん諸説ありw)PCなのですから、そりゃまあどこかにしわ寄せが行くのもやむなし、です。Appleがこんなもん作ったら許されないだろうけど、ASUSなら許せるかな。

まあAppleにせよASUSにせよ、割り切るべきところをスパッと割り切るところが凄いですね。日本のメーカーは「妥協を許さない」といいつつ、単に切り捨てる勇気(あるいはセンス)が不足しているから結局「なんでもほどほどにあり」になってしまいます。まあそれでもPCは外国メーカーが強いから何だかんだで新しい切り口が登場してくるけれど、カメラは日本メーカーが圧倒的に強いので困った事態になっています。もう少しして技術が飽和してくると、また様相は変わってくるのかな。今面白い国産メーカーはシグマとリコーだけ。カシオもちょっと頑張ってますね。あとは根性勝負でドロドロ。。。

Home > 2008年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。