Home > 2008年03月27日

2008年03月27日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

PHASSのツィーター

03DSCF0324.jpg

もう1年半ほど前に取り付けたPHASSのツィーター(ミッドバスも付けてますが、純正のカバーをそのまま使ったのでビジュアル的には純正と同じ)。思い切ってプロショップに付けてもらったので、ドアの方は当然念入りにデッドニングされています。ツィーターもピラーの内張を成形して違和感無く装着。本当は去年に微調整してもらう予定だったんですけどね、仕事の都合もあってなかなか旭川に出向く時間を作れませんでした。コストパフォーマンスの高い(=安い)機材でまとめていますが、取り付けだけはきっちりお金をかけています(といっても程度問題だけどね)。

肝心の音はというと、ややこしいことはわかりませんが、音量を相当上げても不快なビビリやコモリ音がほとんど出てきません。しかもうるさく感じないんですよね。当然私も常識ってものがありますから、前後のクルマに響くような音量で街を流すことはありませんが、郊外の国道などではちょっと楽しませてもらうこともあります。

PHASSというブランドはボーカル系に強いという評判がありますが、まあスピーカーの音色なんてのは、カメラでいえばレンズの味と同じでして、本当に違いの判別ができる5%くらいの人達と、周囲から入ってくる情報で「なんとなくそんな気がしてくる」95%くらいの人達の出す二次情報が一体となって評価が定まるわけです。だから私も「そういえば女性ボーカルなんかはきれいに聞こえるね」ということくらいしか言えないわけで、ここで誰かがこっそりアルパインのスピーカーに変えたら違いがわかるかというと、自信ありません。

ただ、誰かがこっそりドアをデッドニング前の状態に戻したら、これは一発でわかる自信があります。施工前とは音の締まりが全然違うのを体感しているからね。高いシステムをそこらへんのカーショップで付けるくらいなら、少々機材の値段を落としてでも信頼できるプロショップで付けてもらった方がいいです。これ本当。

ただ、普通にAMラジオを聞く時には、営業車の安っぽいスピーカーの方がかえって自然に聞こえるような気がします。適材適所、かな。

Home > 2008年03月27日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。