Home > 2008年03月16日

2008年03月16日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ツァイスの前玉よりキレイ

03DSCF0218.jpg

白トビ、黒ツブレが嫌われるのは、一旦そうなってしまうともう色を蘇らせることができないからです。真っ白に飛んでしまった空からは、元の青さを取り戻すことはできません。逆にいえば、取り戻す必要のない色は飛ばしてしまって構わないということです。写真として完成した時点での白トビ、黒ツブレはノープロブレム。これ、変な人や言葉の足りない人にレタッチを教わってしまった初心者が勘違いしやすいとこですから気をつけましょう。試験に出ますよw

T2の写真2枚

t20303.jpg
t20304.jpg

ダメじゃね、と思った今回のフィルムですが、ルーペで覗いていると何枚かまともなのがあったので載せときます(CONTAX T2)。

下の写真は、本当は手前(木の左側を縦に通る鉄線の交点付近)にピントを合わせたかったんですが、ちょいズレました。上の写真は、太陽を直接入れてもフィルムならほ~らこんなに滑らかに、となるはずだったのがそっちの方はダメダメで、フィルムの残りを消化しようと適当に撮ったこの1枚が一番良かったです。うまくいかんもんだ。

Home > 2008年03月16日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。