Home > 2008年02月16日

2008年02月16日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Apertureはやめとこう

t20203.jpg

Apertureも試用してみたんだけどさ、私のマシンでは少々不安定なんだよね。G5の1.8GHzデュアルでも推奨環境に追いついてないんで、多少遅いくらいは覚悟してたんだけど、重たい割にUIが画期的というわけでもないし、やっぱりLightroomでいいかなあと。ちなみに上の写真とは何の関係もありません。

それは別として、トレビを愛する人はどれくらいいるのかなあとインターネットで検索してみたんですが、なんといいますか、積極的に好きな人ってあまりいないんですね。「安いから好き」とか、「メリハリがきつすぎないので初心者に扱い易い」とか、牛肉に対するジンギスカンのような扱いを受けてます。

といってもジンギスカンやサガリの方がビールを飲ませたメタボリック牛の病的ぷよぷよ肉よりずっと焼き肉に合うように、トレビならでは、という場面もあるわけです。まあ強いていえば冬全般、そして夏の朝夕ですね。要するに「いやあ、寒いんでないかい」を青かぶり、マゼンダ散らしを交えて上手に表現してくれるような気がします。多分プロビアも同じだと思うけど、あっちは少し高いし(結局値段かい)。

「見てきたような嘘を言う」という言葉がありますが、まさにトレビはそれ。ベルビアになると「嘘と知りつつ心地よく騙される」という感じで、あれはあれでいいけれど私は1回使って飽きました(100ですけどね、50は未体験)。ベルビアなら100Fの方が好みだけど、じゃあトレビよりもベルビア100Fを選ぶ理由があるかというと、私にはありません。高いし(結局値段ですね)。

Home > 2008年02月16日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。