Home > 2008年02月10日

2008年02月10日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Lightroomどうしましょ

0IMGP3252lr.jpg

Adobe Lightroom(お試し版)でRAW現像、Photoshopで仕上げした画像です。最初はとっつきにくかったけど、まあ独特のクセに慣れたらなかなか扱い易いですね。ただ、私のマシンでは少々重いです。メモリが足りないのかもしれません。

AppleのApertureも当然選択肢に入るけど、私はマシンに添付されてくる以外のApple製アプリケーションは今ひとつ信用できないというか、機能・インターフェースはともかくちゃんといつまでも売って(バージョンアップして)くれるのかという心配が、AdobeやMicrosoftに比べて大きいです(あくまでも私の印象ですが、どうもAppleは諦めの早いところがあって)。

Lightroomのノイズリダクションはなかなかに強力で、あまりディテールを崩さずにノイズを潰してくれます。プリセットされた処理(セピア調とかポジ調とか、ああいうやつ)を選んでも、右側の細かい調整部に連動するのが嬉しいですね。Adobeの中の人がどういう調整をしているのかがよくわかります。トーンカーブやレベル調整の使い勝手がPhotoshopと少し違うような気がしますが、まあ豊富なスライダーで直感的に操作すればいいということでしょうか。

K10DのRAWがこのLightroomと相性が良いことはネットでもよく言われていますし、買ってもいいかなという気になっています。大事な時、あるいは絶対にこの場面だけは残したい、という時にRAWボタンをポチっとすれば後はLightroom様におまかせ。

まあハードとソフト、それに時間が許せば全部RAW+JPEGで残すのが理想なのは間違いありません。ただ現状では無理があるかな。撮った写真は消さない主義なので、膨大なディスク容量が必要になりますしね。ま、糞はRAWでもJPEGでも糞ですし。逆に金がJPEGでは銀に見えることもないですし。適材適所。

久しぶりにどよよんとした朝

0IMGP3323.jpg
0IMGP3352.jpg

今日は50mm単焦点一本勝負。薄曇りであたり一面ごっちゃりグレーゾーン、というデジカメにはつらい朝でした。でも、一緒に連れていったコンタックスT2がフィルム4枚目を撮り終えた瞬間巻き戻しはじめるというお茶目ぶりを発揮する中、K10Dは黙々と自らの仕事を完遂したのでした。かなりの率でブレたけどw

とりあえず予備のフィルムを入れたらT2のご機嫌も直ったようで、2台体制でどよよーんとした朝を撮ってきました。相変わらずT2のファインダー像だけは、こんな日でも素晴らしく瑞々しい雰囲気を醸し出しています。どうしてこれほどのファインダーが作れるのかワケわかりません。さすが当時12万円だけのことはある、のかも。

Home > 2008年02月10日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。