Home > 2007年12月15日

2007年12月15日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ふと思ったり

0n029.jpg
0DSCF3050.jpg

上の写真は何年か前、ベルビア100Fかトレビで撮ったもの。下はこれも去年か一昨年、FinePixF10で撮ったものです。

なんというかねー、唐突に言わせていただくと、そもそもデジタルで撮らない理由、フィルムで撮らない理由を探すなんてバカですよ。そんなことより撮って楽しんだ方が勝ち。撮影枚数も増えて腕も上がる…はずw

いや、どちらか一本に決めて突っ走るのを批判してるわけじゃないですよ。ただ、自分の走る道以外に糞を撒くのはやめろと、ま、そういうことで。

DA50-200 & SIGMA50Macro スリーブ比較

p_02のコピー

DA50-200mm(広角端)とSIGMA50mmMacroの開放から最小絞りまでの連続撮影をやってみました。といっても厳密なものではありませんが、ほぼ同時刻、同じ(ような)アングルで撮っています。ほぼ無限遠にMF、ホワイトバランスは太陽光、絞り優先AEです。どちらのレンズもF4では1/1600秒、F22では1/60秒でした。

大きなサイズでも見比べましたが、光の回折ってのはどうもよくわからんなあとか、ああこいつは盛大にブレたなあとか、しょうもないことばかり目につきまして、iPhotoでズラズラっとサムネイルを一覧した方が違いが良くわかりました。

一見してわかるのは、さすがにAPSサイズ専用設計(しかも低コスト)のDA50-200は周辺減光が目立つということ(F8でほぼ解消)。それと、全体的にシグマの方が絞りによる変化が目立つかなあと。DAはずっと陽気なままだけど(能天気とも言う)、シグマは絞り込むとすこし沈みがちになるような感じ。これはヒストグラムで見ると一目瞭然で、DAは絞るに従って(ヒストグラムの)幅は変わらずに(上下が)だんだん尖ってくるのに対し、シグマはずずずいっと左側(暗い方)に寄ってきます。ただしコントラストは若干上がり気味になります。

結論としては、DA50-200は特別な意図が無い限りF8固定が一番良さそう。シグマは時と場合によりけりですかねー。手ぶれしない範囲で絞った方が雰囲気のある絵になりそうだなあと思いました。マクロ撮影ではまた話は違ってきそうですが。

Home > 2007年12月15日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。