Home > 2007年10月28日

2007年10月28日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

DA50-200使ってみました

0IMGP1889.jpg
0IMGP1904.jpg
0IMGP1914.jpg
0IMGP1922.jpg
0IMGP1898.jpg

100枚ほど撮ったうちから、なるべくシチュエーションが違うものを5枚ほどアップしてみました。若干コントラストをいじってますが、素のままでも非常に濃い(コントラストの高い)描写をするレンズだと思います。PC側であまりいじると簡単に極彩色の領域に入ってしまうので要注意ですね。

DA16-45も持って行ったんですが、面白いもので200ミリ近辺を使いなれると50ミリでも十分広角な気がして、レンズ交換する必要性を感じませんでした。

描写そのものは開放から十分。いや開放といっても暗いけど、そこはISO感度の調整と手ぶれ補正があるからそれほどのデメリットではありません。若干フォーカスリングを回した時の質感が気になるけれど、これは中古だからかもしれませんし、そうでなくても値段からみると不満というほどではありません。ペンタックスらしく、質実剛健の素晴らしい安レンズwだと思います。

ちなみにK10Dの背面液晶はかなりドラマチックな表現をするタイプらしく、撮った直後に見るとどれも傑作に見えて困ります。いや調整すればいいだけなんだけどね。

Home > 2007年10月28日

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。