Home > 2007年09月

2007年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Zeiss Ikon SW

0IMGP1700.jpg

今日はMZ3も連れて行ったので、フィルムでも朝焼けを撮ることができました(現像はまだしてません)。ただし数枚撮ったところで電池切れ。ちなみにK10Dもこの後然別湖に行ったところで電池切れ。コンパクトタイプはまめに充電するけれど、下手に電池の持ちが良いと忘れますね。

そういえばベッサR3Aに15mmを付けていた頃、不便だなと思ったのが、外付けファインダーには一切のカメラ情報が出ないこと。いや当たり前なんですけどね。だから「今どのくらいのシャッタースピードかな?」なんて時はカメラのファインダーを覗かなければならず、三脚を使うとどうもセッティング中に気持ちが萎えるおかげで相当暗い時でも手持ち派の私としては、あちこち見ているうちにフレーミングがずれるわけです。

そういう点では、コシナが悪ノリし過ぎだとあちこちで評判の悪いツァイス・イコンSWなんかはいいんですよ。ボディ背面のLEDで大まかなシャッタースピードがわかるから、外付けファインダーと併用すると使い勝手が良さそうなんですよね。というか外付けファインダー以外使えないんですが。

ま、どうせ広角以外使わねーと割り切れるなら、SWの方が自分には向いているかもしれません。いやまだ買わないよ。ちょっとだけ気持ちが動いたかなー、という程度。

朝焼けが撮り易いシーズンになりました

0IMGP1693.jpg
0IMGP1703.jpg
0IMGP1711.jpg

時系列に並べてみました。3枚目の写真は朝焼けと逆の方向です。この道をあと数分ほど走ると美蔓(びまん)パノラマパークという駐車場兼展望台に出ます。いかにも高台の展望台という感じで、観光客以外にはあまりおいしい撮影スポットではないのですが、ごく稀に、反対方向の朝焼けが反射して、山の稜線沿いに赤い糸のような一筋の光を走らせることがあります。

私も今までに一度しか見たことがなく(しかもその時はカメラ不携帯)、今日は途中であちこち撮っていたために間に合いませんでした。いや、その現象が今日も起きたかどうかさえ不明ですがw

フィルムで撮りたかった

0IMGP1538.jpg
0IMGP1619.jpg
0IMGP1645.jpg

こういう場面を撮ろうとすると、少なくとも私の腕ではリバーサルフィルムを使った方が数段見栄えのある絵が撮れると思います。それもベルビア系よりはプロビア、トレビの方が深く透明感のある青が出るでしょう。

でもそれをもって「フィルムはデジタルに勝る表現力が…」などと言うつもりはありません。あくまでも特性、あるいは向き不向きの問題だと思っています。この場面に出くわした時、フィルムカメラを持参していなかったことを後悔した、ただそれだけのことです。

ちなみに肉眼で見た空はそれほど印象的なものではありませんでした。その場でのフィードバックが無いフィルムカメラだけを持ち歩いていたならば、何十枚もしつこく撮り続けたかどうかわかりません。私は別にストイックに「写真道」を追求したいわけではありませんから、やはりどんな場面でもデジタルカメラは不可欠です。

ツァイス・イコン

0IMGP1469.jpg

超広角(上の写真はDA16-45の広角端なので35mm換算約24mm)で撮ると、普通の空がぎゅっと凝縮されてヤケに怪しい空になります。これが15mmになるともう肉眼で見るのとは別世界で、自称霊感のある人なら人の顔が一杯見えちゃうに違いありません。別名霊界レンズw

ということで、しばらく宿主(ボディ)不在のスーパーワイドへリアー15mmが不憫になってきました。ぼったくり価格のライカには全く興味がないので、ここはやはりファインダー(と距離計)に定評のあるツァイス・イコンかなあと。いや、どうせ15mmで撮る時は疑似パンフォーカスで距離計なんて見ないけどね。一応プラナー50mmも持っているので保険として。

ニコン爆走中

0IMGP1441.jpg

ニコンのD3とD300、なかなか力が入ってますね。特にD300はコストパフォーマンスが非常にいいのではないかと。

数年前は、キヤノンはともかくニコンはデジタル化の波に乗り切れずトップメーカーとしての地位を失うと思ってたんだけどなあ。完全に私の予想は外れました。ソニーや松下がヤケに地味・堅実路線を行っていることもあり、やや面白くない展開になりつつありますね。新しい時代のデジタルカメラ像は結局どこからも出てこないのでしょうか。

Home > 2007年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。