Home > 未分類

未分類 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Untitled

Untitled

ブログお引越しします

さて、過去ログのアップロードは一区切りついたものの、tDiaryで書いていた時代がすっぽり抜けている。これをどうするか色々考えたが、実はtDiaryで日記をつけていた時期とはてなダイアリーで写真ブログをつけていた時期が微妙に重なっていて(つまり2つ並行して書いていた)、無理にWordPressへ統合すると2つの毛色の異なるログが混在してしまうことになる。ということで、一番明快な方法はtDiaryを新規インストールしてWordPressとは別系統の過去日記専用CGIとすることなのだけれど、そのためだけにCGIをひとつ動かすというのもちょっと勿体無い。

まあここらへんはおいおい考えることにして、とりあえずは準備もできたことだし、ブログを引っ越すことにした。ここのログは残しておくけれど、向こうにもログを移行したのでわざわざここを見る必要はないと思う。

引越し先→http://www.mouseup.net/blog/

もうちょっとFC2で引っ張ります

FOTO_LOGと銘打っていながら最近は新しい写真も載せずにすんません。今朝は天気が悪いと布団にくるまり、今朝は脳天気すぎる青空だとまた布団にくるまり、なかなか撮りに行かない今日この頃。ま、冬にならないとなかなか気分が高揚しないのが悪い(←と責任転嫁する)。それに夏の朝は日の出が早すぎて、ぶつぶつ…

さて、懸案の過去ログ移行だが、とりあえずHTMLの生データが残っているものについてはサーバーに上げた。ただしこれは無理にWordPressへ統合せず、「超過去ログ」としてリンクしておくにとどめた。10年前の自分が何を考え、何をブツクサ言っていたか、それなりに読んでいると面白い。まあ他人さまが同じように面白がってくれるとは思えないけれど。

ちなみに当時はHTMLとCSSの正しい使い方が一部にようやく認知されかけていた時期で、それらを理解しようともしない者たちをこき下ろすなり攻撃するなり、それなりに熱い時代ではあった。結局のところ、僕らの力とは何の関係もなしに、HTMLに対する理解の甘い人間はどんどん淘汰されていったんだけど、それは単に勉強不足だとかそういう理由だけでも無いような気がする。要するにいち早く飛びついた者たちが先行者利益を甘受していた時代から、本当にデザイン能力やコンテンツ構築能力のある者が勝つ時代に変化しただけなのだろうと思う。彼らも僕らも、Webが「スキマ産業」から脱皮しかけていた、まさにその瞬間に居合わせていたわけだ。そして一緒に脱落した、とまで言うと言い過ぎかもしれないが、それに近い状態だったのだと今になって思う。

順調にデータ移行中

WordPressへの過去ログ移行作業は予想外に順調で、「はてなダイアリー」と今使っている「FCブログ」の分についてはほぼ終了した。どちらもデータのバックアップにMT(Movable Type)形式を採用しているため、文字コードや画像へのリンクなどについて少々気をつければ、ほぼ自動的に移行が完了する。

FC2にアップロードした画像リンクの変換は(正規表現をマスターしていないため)結構手こずったが、CotEditorの強力かつフレンドリーな検索ダイアログと、ネット上に散在する情報をもとに何とか成功。残るはtDiaryとAkiaryで書いていた分だが、これらについてはちょっと手間がかかるため、無理してやることもないかなあと挫折ぎみである。やったとしても「僕は1998年からWeb日記を書いていましたよん」とサイドバーで主張するくらいの意味しかないしねぇ。

次にテーマ(テンプレート)をどうしようか考えたが、やはりFC2でも使っていた Vicuna を選んだ。色々いじりたいところだが、オリジナルの完成度が高いのでとりあえずはそのまま(きっと、多分ずっとそのまま)。ただしブログのコピーライト部分はフッターから削除。それと現実的にはもうどうでも良くなりつつある「XHTML Valid」のリンクなどを外した。理想は理想、現実は現実。今やHTML5がFLASHと比較される(!)時代なんだし。

まあ急ぐ必要もないし、もう少しいじるところはないか色々検討してから、お引越しするつもりだ。

Home > 未分類

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。